リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ファイルに関連するスクリプトステップ > データファイルを開く
 

データファイルを開く

他のデータファイルスクリプトステップのために使用するデータファイルを開きます。

参照 

オプション 

[ソースファイル] は、開くデータファイルのパスです。ファイルパスの作成を参照してください。

[ターゲット] は、開いたデータファイルのファイル ID を格納するフィールドまたは変数です。変数が存在しない場合は、このスクリプトステップによって変数が作成されます (変数の使用を参照)。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

いいえ 

起点 

FileMaker Pro 18.0 Advanced

説明 

ファイルを開いた後、他のスクリプトステップ (データファイルの位置を取得データファイルから読み取るデータファイルの位置を設定データファイルに書き込むなど) でファイル ID を使用できます。データファイルは、[データファイルを閉じる] スクリプトステップを使用してファイルを閉じるか、または FileMaker Pro Advanced を終了するまで開いたままになります。

メモ 

ファイルを開いた後、読み取り/書き込み位置は 0 です。[データファイルの位置を設定] スクリプトステップを参照してください。

ファイルがすでに開いている場合、Get (最終エラー) は 300 (「ファイルがロックされているか、使用中です」) を返します。

同時に開くことができるデータファイルの数は 25 個です。この制限を超えた場合、Get (最終エラー) は 2 (「メモリエラー」) を返します。

現在開いているすべてのファイルのファイル ID を取得するには、Get (オープンデータファイル情報) 関数を使用します。

例 1 

「data.txt」という名前のデータファイルを開き、変数にファイル ID を格納します。

データファイルを開く [「data.txt」; ターゲット: $fileID]

例 2 

「change.log」ファイルがドキュメントフォルダに存在しているかどうかを確認します。存在していない場合、スクリプトによりこのファイルが作成されて開かれ、ファイル ID が表示されます。

変数を設定 [$file ; 値: Get (ドキュメントパス) & "change.log"]
ファイルの存在を取得 [「$file」; ターゲット: $fileExists]
If [not $fileExists]
データファイルを作成 [「$file」; フォルダを作成: オフ]
End If
データファイルを開く [「$file」; ターゲット: $fileID]
カスタムダイアログを表示 ["ファイル" & $file & "のファイル ID: " & $fileID]
データファイルを閉じる [ファイル ID: $fileID]

関連項目 

[データファイルを作成] スクリプトステップ

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)