リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ファイルに関連するスクリプトステップ > データファイルを閉じる
 

データファイルを閉じる

オープンデータファイルを閉じます。

参照 

オプション 

[ファイル ID] は、オープンデータファイルファイル ID を指定する数です。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

いいえ 

起点 

FileMaker Pro 18.0 Advanced

説明 

このスクリプトステップは、オープンデータファイルを閉じるときに使用します。現在開いているすべてのオープンデータファイルのファイル ID の一覧を表示するには、Get (オープンデータファイル情報) 関数を使用します。すべてのオープンデータファイルを閉じるには、[ファイル ID] 引数に "*" (ダブルクォーテーションマークで囲まれているアスタリスク) を設定します。FileMaker Pro Advanced を終了すると、すべてのデータファイルは閉じられます。

例 1 

ファイル ID が 2 のオープンデータファイルを閉じます。

データファイルを閉じる [ファイル ID: 2]

例 2 

すべてのオープンデータファイルを閉じます。

データファイルを閉じる [ファイル ID: "*"]

例 3 

ファイルを開き、ファイル ID を変数に設定し、ファイル全体を読み取り、同じファイル ID を使用してファイルを閉じます。

変数を設定 [$file ; 値: "data.txt"]
データファイルを開く [「$file」; ターゲット: $fileID]
データファイルから読み取る [ファイル ID: $fileID ; サイズ (バイト): ; ターゲット: テーブル::データ ; 読み取る: UTF-8]
データファイルを閉じる [ファイル ID: $fileID]

関連項目 

[データファイルを開く] スクリプトステップ

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)