リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ファイルに関連するスクリプトステップ > データファイルを作成
 

データファイルを作成

空の閉じられたデータファイルを作成してから、[データファイルを開く] スクリプトステップを使用して開き、[データファイルに書き込む] スクリプトステップを使用してデータを追加します。

参照 

オプション 

[ファイル指定] は、作成するデータファイルのパスです。ファイルパスの作成を参照してください。

[フォルダを作成] は、フォルダが指定したパスにない場合に、新しいフォルダを作成するかどうかを指定します。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

いいえ 

起点 

FileMaker Pro 18.0 Advanced

メモ 

指定したパスにアクセスできない場合、またはファイルがすでに存在している場合、Get (最終エラー) は 300 (「ファイルがロックされているか、使用中です」) を返します。[ファイルの存在を取得] スクリプトステップを参照してください。

例 1 

パスがすでに存在している場合に「data.txt」という名前の空のデータファイルを作成します。

データファイルを作成 [「data.txt」; フォルダを作成: オフ]

例 2 

「change.log」ファイルがドキュメントフォルダに存在しているかどうかを確認し、存在していない場合は作成します。このファイルを作成できない場合、スクリプトによりエラーコードが表示されます。

エラー処理 [オン]
変数を設定 [$file ; 値: Get (ドキュメントパス) & "change.log"]
ファイルの存在を取得 [「$file」; ターゲット: $fileExists]
If [$fileExists]
カスタムダイアログを表示 [$file & ": すでに存在します"]
現在のスクリプト終了 [テキスト結果: ]
End If
データファイルを作成 [「$file」; フォルダを作成: オフ]
変数を設定 [$error ; 値: Get (最終エラー)]
If [$error = 0]
カスタムダイアログを表示 [$file & ": 作成されました"]
Else
カスタムダイアログを表示 [$file & ": 作成されませんでした。エラーコード: " & Get (最終エラー)]
End If

関連項目 

[データファイルを開く] スクリプトステップ

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)