リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ファイルに関連するスクリプトステップ > データファイルに書き込む
 

データファイルに書き込む

オープンデータファイルにデータを書き込みます。

参照 

オプション 

[ファイル ID] は、オープンデータファイルファイル ID を指定する数です。[データファイルを開く] スクリプトステップを参照してください。

[データソース] は、ファイルに書き込むデータを格納するフィールドまたは変数です。

[書き込み] は、FileMaker のデフォルト UTF-16 (リトルエンディアン) 文字エンコードまたは UTF-8 を使用してファイルにデータを書き込みます。データソースがオブジェクトデータの場合、このオプションは無視され、データはバイナリとして書き込まれます。

[改行を追加] は、ファイルに書き込まれたデータの終わりに改行文字を追加します。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

いいえ 

起点 

FileMaker Pro 18.0 Advanced

説明 

ファイルの読み取り/書き込み位置にあるデータは、データソースのデータにより上書きされます。[データファイルの位置を設定] スクリプトステップを参照してください。

このスクリプトステップが一度に書き込むことができるデータの最大サイズは 64 MB です。書き込むデータが 64 MB よりも大きい場合は、このスクリプトステップを複数回実行して、毎回 64 MB 未満のデータを書き込むようにします。

メモ 

書き込むデータの量が 64 KB 未満の場合にパフォーマンスが最適になります。

例 1 

オープンデータファイル (ID が 2) に、変数の内容とその後に続く改行を UTF-8 エンコードテキストとして書き込みます。

データファイルに書き込む [ファイル ID: 2 ; データソース: $variable ; 書き込み: UTF-8 ; 改行を追加]

例 2 

ドキュメントフォルダに「change.log」ファイルが存在しているかどうかを確認し、存在していない場合には「change.log」ファイルを作成し、[アクティビティ::トランザクション] フィールドのデータをファイルの先頭に書き込み、ファイルを閉じます。

変数を設定 [$file ; 値: Get (ドキュメントパス) & "change.log"]
ファイルの存在を取得 [「$file」; ターゲット: $fileExists]
If [not $fileExists]
データファイルを作成 [「$file」; フォルダを作成: オフ]
End If
データファイルを開く [「$file」; ターゲット: $fileID]
データファイルに書き込む [ファイル ID: $fileID ; データソース: アクティビティ::トランザクション ; 書き込み: UTF-8 ; 改行を追加]
データファイルを閉じる [ファイル ID: $fileID]

例 3 

フィールドのデータを、「dates.txt」という名前のファイルの特定の位置に書き込みます。スクリプトの実行前に、このファイルには 2024-11-30 が含まれており、[テーブル::月] フィールドには 12 が指定されています。スクリプトの実行後は、このファイルには 2024-12-30 が含まれます。

データファイルを開く [「dates.txt」 ; ターゲット: $fileID]
データファイルの位置を設定 [ファイル ID: $fileID ; 新しい位置: 5]
データファイルに書き込む [ファイル ID: $fileID ; データソース: テーブル::月 ; 書き込み: UTF-8]
データファイルを閉じる [ファイル ID: $fileID]

関連項目 

[データファイルから読み取る] スクリプトステップ

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)