リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ファイルに関連するスクリプトステップ > データファイルの位置を設定
 

データファイルの位置を設定

オープンデータファイル内の読み取り/書き込み位置を設定します。

参照 

オプション 

[ファイル ID] は、オープンデータファイルファイル ID を指定する数です。

[新しい位置] は、データファイルの新しい読み取り/書き込み位置を指定する数値式です。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

いいえ 

起点 

FileMaker Pro 18.0 Advanced

説明 

読み取り/書き込み位置とは、データの読み取りまたは書き込みを開始する位置を示す、ファイルの先頭からのバイト数です。ファイルの先頭では、読み取り/書き込み位置は 0 です。ファイルの終わりでは、読み取り/書き込み位置はファイルサイズと同じになります ([ファイルサイズを取得] スクリプトステップを参照)。

メモ 

[新しい位置] に負の値を指定すると、Get (最終エラー) 関数はエラーを返します。

例 1 

オープンデータファイル (ファイル ID が 2) の読み取り/書き込み位置を変数に格納されている値に設定します。

データファイルの位置を設定 [ファイル ID: 2 ; 新しい位置: $position]

例 2 

[ユーティリティ::ログエントリ] フィールドの内容を、ドキュメントフォルダ内にある「change.log」ファイルの終わりに書き込みます。

変数を設定 [$file ; 値: Get (ドキュメントパス) & "change.log"]
ファイルの存在を取得 [「$file」; ターゲット: $fileExists]
If [not $fileExists]
現在のスクリプト終了 [テキスト結果: ]
End If
ファイルサイズを取得 [「$file」; ターゲット: $fileSize]
データファイルを開く [「$file」; ターゲット: $fileID]
データファイルの位置を設定 [ファイル ID: $fileID ; 新しい位置: $fileSize]
データファイルに書き込む [ファイル ID: $fileID ; データソース: ユーティリティ::ログエントリ ; 書き込み: UTF-8 ; 改行を追加]

関連項目 

[データファイルを開く] スクリプトステップ

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)