リファレンス > スクリプトステップリファレンス > その他のスクリプトステップ > メールを送信
 

メールを送信

電子メールアプリケーションまたは SMTP で電子メールメッセージを送信します。

参照 

オプション 

[送信経由:] では、電子メールクライアントと SMTP サーバーのどちらでメッセージを送信するかを指定します。(SMTP サーバーを選択した場合、[SMTP オプション] ダイアログボックスが表示されます。SMTP オプションの入力または編集を参照してください。

[現在のレコードからのデータを使用する 1 つの電子メール] を選択すると、指定したすべての受信者に 1 つのメッセージを送信できます。

[複数の電子メール (対象レコード内の各レコードに 1 つ)] を選択すると、対象レコード内の各レコードを使用して指定したすべての受信者に個別のメッセージを送信できます。

[SMTP サーバー] と [複数の電子メール (対象レコード内の各レコードに 1 つ)] を選択すると、レコードにつき 1 つの電子メールを送信するとき、残りのレコードは送信されないまま残り、エラーが発生します。

[宛先:] には、受信者のアドレスを入力します。

[CC:] には、CC に含める受信者のアドレスを入力します。

[BCC:] には、BCC に含める受信者のアドレスを入力します。

[宛先:]、[CC:]、および [BCC:] では:

Windows: [メールアドレスの指定...] を選択すると、1 つまたは複数のメールアドレスを入力できます。セミコロンまたはキャリッジリターン文字で各アドレスを区切ってください。

[フィールド名の指定...] を選択すると、1 つまたは複数のメールアドレスを含むフィールドを指定できます。

[計算式の指定...] を選択すると、1 つまたは複数のメールアドレスを生成する計算式を指定できます。

[対象レコードでアドレスを収集] を選択すると、現在の対象レコード内のこのフィールドや計算結果から得たすべての値を使用して複数の受信者にメッセージを送信できます。このオプションは、[現在のレコードからのデータを使用する 1 つの電子メール] を選択し、[フィールド名の指定...] または [計算式の指定...] オプションを使用して [宛先:]、[CC:]、または [BCC:] エントリに値を指定した場合に使用できます。

メモ  [宛先:]、[CC:]、または [BCC:] に複数の電子メールアドレスを指定する場合、各受信者の電子メールアドレスを改行またはセミコロンで区切ります。電子メールクライアントによってはコンマなどのその他の区切り文字を使用できないことがあります。

[トピック:] では、電子メールのタイトルを指定します。

[メッセージ:] では、電子メールのテキストを指定します。メッセージはテキストとして入力するか、フィールドの値を使用するか、または計算式から作成、またはファイルのテキストから挿入することができます。

[ファイルを添付] オプションをクリックすると、メッセージに添付して送信するファイルを指定できます。(ファイルパスの作成を参照してください。)このスクリプトステップでは、該当すると思われる複数のファイルを検索して最初に特定できたファイルを選択するのではなく、指定したパスで見つけることができたすべてのファイルを添付します。

[ダイアログあり] では、FileMaker Pro Advanced が作成された電子メールを処理する方法を指定します。[ダイアログあり] を [オン] に設定している場合、作成されたメッセージは電子メールアプリケーションで開かれたままの状態になり、もう一度見直すことができます。一部のアプリケーションでは、新しいメッセージは「下書き」フォルダに残されます。[ダイアログあり] を [オフ] に設定している場合、作成された電子メールが電子メールアプリケーションの送信箱に置かれて送信できるようになります。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

一部 

FileMaker WebDirect 

一部 

FileMaker Server 

一部 

FileMaker Cloud for AWS 

一部 

FileMaker Data API 

一部 

カスタム Web 公開 

一部 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

[メールを送信] は、電子メールアプリケーションまたは SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) 経由でイントラネットまたはインターネット電子メールを送信します。

メモ 

サーバーサイドスクリプト、FileMaker Data API、およびカスタム Web 公開では、電子メールアプリケーションを使用したメール送信はサポートされていません。

サーバーサイドスクリプトは SMTP 経由でのメール送信をサポートします。ファイルを添付する場合、そのファイルがサーバーサイドスクリプトでアクセスできるフォルダ内に置かれている必要があります。サーバーサイドスクリプト内のパスを参照してください。

FileMaker WebDirect では、[ファイルを添付] オプションはサポートされていません。保存またはエクスポートしたデータは、Web ユーザが手動で電子メールメッセージに添付する必要があります。

カスタム Web 公開および FileMaker Data API では、[ファイルを添付] オプションはサポートされていません。

FileMaker WebDirect では、電子メールクライアントを経由してメールを送信するときの [ダイアログあり: オフ] オプションもサポートされません。

FileMaker Go では、[ダイアログあり: オフ] オプションはサポートされていません。デバイス上に電子メールが表示されるため、このメッセージを手動で送信できます。

このスクリプトステップが FileMaker WebDirect で電子メールクライアントを経由して電子メールを送信する場合、宛先CCBCCトピック、およびメッセージの文字総数は 2000 文字までに制限してください。電子メールが 2000 文字以上の場合、Web ブラウザが FileMaker WebDirect のメッセージ送信を許可しない場合があります。

電子メールアプリケーションを経由して電子メールを送信するには、次のことが必要です:

サポートされる電子メールアプリケーションがコンピュータにインストールされて適切に構成されている必要があります。FileMaker Pro Advanced 技術仕様を参照してください。

Windows: 「Win.ini」ファイルの [Mail] セクションが必要です。

データから PDF または Microsoft Excel のファイルを作成して、添付ファイルとして送信できます。レコードを PDF として保存およびレコードを Excel として保存を参照してください。

[メールを送信] スクリプトステップはフォントの外観を制御しません。フォントを変更するにはメールクライアントを使用してください。

FileMaker Pro Advanced は電子メールをテキスト形式で送信します。メッセージの内容や書式設定を編集するには、電子メールクライアント経由でメッセージを送信するように選択し、[ダイアログあり] オプションを [オン] に設定します。これで電子メールクライアント内で送信前にメッセージを編集できます。

FileMaker Pro Advanced では暗号化された接続を使用している SMTP サーバーの SSL 証明書が検証されます。証明書が検証できない場合、ユーザはそのまま接続するか、キャンセルしてこのスクリプトステップをスキップするかを選択できます。証明書が検証できず、[エラー処理] スクリプトステップが [オン] に設定されている場合、このスクリプトステップはサーバーが使用不可の場合と同様に動作します。サーバーサイドスクリプト、FileMaker Data API、カスタム Web 公開、および FileMaker WebDirect で証明書を検証できない場合、このスクリプトステップはユーザによってキャンセルされた場合と同様に動作します。

例 1 

「顧客」レイアウトに切り替えて検索を実行し、ユーザにメッセージを表示せずに、あらかじめ作成された電子メールを現在のレコードの「電子メール」フィールドのアドレスに送信します。

レイアウト切り替え [「顧客」]
検索実行 [記憶する]
メールを送信 [電子メールクライアント経由で送信; ダイアログあり: オフ; 宛先: 顧客::電子メール; トピック: 請求書::集計; メッセージ: "各位、¶¶いつもお世話になっております。"]
# [対象レコードでアドレスを収集] オプションは選択しません。

例 2 

現在のレコードを PDF として保存し、現在のレコードの「電子メール」フィールドのアドレスに PDF を電子メールで送信します。

レイアウト切り替え [「請求書の印刷」]
レコードを PDF として保存 [記憶する; ダイアログあり: オフ; "請求書.pdf"; 現在のレコード ; フォルダを作成: オフ]
メールを送信 [電子メールクライアント経由で送信; ダイアログあり: オフ; 宛先: 顧客::電子メール; トピック: 請求書::集計; メッセージ: "各位、¶¶いつもお世話になっております。請求書を送付いたします。"; 「請求書.pdf」]
レイアウト切り替え [元のレイアウト]

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)