サーバーサイドスクリプト内のパス

FileMaker Server または FileMaker Cloud for AWS でスクリプトを実行する際は次の点に注意してください:

指定されたファイルはすべて「Documents」フォルダ内、テンポラリフォルダ内、またはこれらのフォルダのいずれかの子フォルダ内にある必要があります。その他のフォルダに関する情報を返す 取得関数はサポートされていません。

たとえば、次のパスはすべて .csv ファイルのパスとして有効です:

<Documents>/file.csv

<Temporary Path>/file.csv

<Documents>/Folder1/file.csv

<Temporary Path>/Folder1/Folder2/Folder3/Folder4/file.csv

ファイルに対して完全でないパスを指定した場合 (たとえば、Mac の場合、Macintosh HD/Library/FileMaker Server/Data/Documents/<0 以上のフォルダ>/<ファイル名> 以外) は、テンポラリパスと相対しているものとして評価されます。

「..」を含むパスはすべて無効です。

関連項目 

[レコードのエクスポート] スクリプトステップ

[レコードのインポート] スクリプトステップ

Get (ドキュメントパス) 関数

Get (テンポラリパス) 関数

FileMaker Server および FileMaker Cloud for AWS でのスクリプトの実行