リファレンス > スクリプトステップリファレンス > レコードに関連するスクリプトステップ > レコードを Excel として保存
 

レコードを Excel として保存

レコードを指定された Excel ワークシートに保存します。

参照 

オプション 

[ダイアログあり] により、すでにファイルを指定している場合に、このスクリプトステップを実行したときに [Excel オプション] ダイアログボックスを表示するかどうかが指定されます。ファイルを指定していない場合は、スクリプトステップを実行したときに [レコードを Excel として保存] ダイアログボックスが表示されますが、[Excel オプション] ダイアログボックスは表示されません。

[出力ファイルの指定] では、ファイルパスを指定します。エクスポート先のフォルダを選択するか、または一覧にファイルパスを直接入力します。1 行に 1 つのパスを指定します。FileMaker Pro Advanced により最初に特定されたパスが使用されます。ファイルパスの作成を参照してください。

次を選択できます:

[ファイルを自動的に開く] は、デフォルトのアプリケーションで出力ファイルを開くことができます。

[ファイルを添付した電子メールの作成] は、デフォルトの電子メールアプリケーションで新規メッセージを表示して出力ファイルを添付することができます。

FileMaker Pro Advanced で完全パスを指定しないスクリプトを実行する場合、およびスクリプトを含むデータベースファイルが共有されている場合、パスは現在のユーザのドキュメントフォルダであると想定されます。

[オプションの指定] を選択すると、[[レコードを Excel として保存] のオプション] ダイアログボックスが表示されます。[保存:] ドロップダウンリストから、[対象レコード] または [現在のレコード] を選択します。最初の行にある値を、フィールド名またはデータのどちらとして使用すべきかを指定します。[ワークシート:]、[タイトル:]、[トピック:]、および [作成者:] については、テキストを直接入力するか、[指定...] をクリックしてフィールド名または計算式からの値を入力することができます。

[フォルダを作成] では、出力ファイルパスを指定して新規フォルダを作成するかどうかを指定できます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

いいえ 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 8.0

説明 

このスクリプトステップは、検索モード以外のすべてのモードで動作します。

メモ 

レコードを Microsoft Excel ワークシートとして保存するには、ユーザのアクセス権セットに [エクスポートを許可] が含まれているか、スクリプトを完全アクセス権で実行するように設定する必要があります。

例 1 

レコードを検索してソートし、メッセージを表示せずに対象レコードを Excel ファイルとして保存します。

レイアウト切り替え [「請求書」]
検索実行 [記憶する]
レコードのソート [記憶する; ダイアログあり: オフ]
レコードを Excel として保存 [ダイアログあり: オフ; 「未払い請求書リスト.xls」; 対象レコード; フォルダを作成: オフ]

関連項目 

[レコードのエクスポート] スクリプトステップ

[レコードのインポート] スクリプトステップ

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)