リファレンス > スクリプトステップリファレンス > 制御に関連するスクリプトステップ > エラー処理
 

エラー処理

FileMaker の標準の警告メッセージが表示されないように、または表示されるようにすることができます。

参照 

オプション 

[オン] では、FileMaker Pro Advanced の警告メッセージや一部のダイアログボックスが表示されなくなります。エラー番号 100 または 803 のエラーが発生した場合は [ファイルを開く] ダイアログボックスのような標準のファイルダイアログボックスも表示されなくなります。

[オフ] では、警告メッセージが表示されるようになります。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

このスクリプトステップを使用して、スクリプトでエラーを処理できるように、後に続くスクリプトステップで生成される通常の FileMaker 警告メッセージが表示されないようにします。さまざまな問題が発生することを予測し、エラー状態の対処方法をスクリプト内に明確に記述しておくことが重要です。

特定の制御に関連するスクリプトステップと Get (最終エラー) 関数を併用すると、以前のスクリプトステップでエラーが返されたかどうかを確認して、適切な処理を実行できます。

メモ 

Get (最終エラー) は、テストするスクリプトステップの直後で使用してください。間に正常なステップがあると処理するエラーコードが消去される場合があります。FileMaker エラーコードを参照してください。

サブスクリプトを含むスクリプトで [エラー処理] を使用した場合は、サブスクリプトのエラーも取得されます。

サーバーサイドスクリプトとカスタム Web 公開または FileMaker Data API で実行されるスクリプトは常に [エラー処理] を [オン] に設定した場合と同様に実行されます。FileMaker Server および FileMaker Cloud for AWS でのスクリプトの実行を参照してください。

例 1 

検索を実行し、レコードが見つからなかった場合はエラーダイアログボックスを非表示にします。

エラー処理 [オン]
検索実行 [記憶する]

例 2 

検索を実行します。エラーが発生しなかった場合、レコードをソートします。検索条件を指定しない場合は、すべてのレコードが表示されます。検索条件に一致するレコードがない場合、カスタムダイアログボックスを表示します。

エラー処理 [オン]
検索実行 [記憶する]
If [Get (最終エラー) = 0]
レコードのソート [記憶する; ダイアログあり: オフ]
Else If [Get (最終エラー) = 400]
全レコードを表示
Else If [Get (最終エラー) = 401]
カスタムダイアログを表示 ["検索"; "レコードが見つかりません。"]
End If

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)