オブジェクト、レイアウトパート、およびレイアウト背景の編集 > レイアウトモードでのフィールドオブジェクトの書式設定と設定 > フィールドの枠、塗りつぶし、および基線の指定
 

フィールドの枠、塗りつぶし、および基線の指定

1. レイアウトモードで、1 つまたは複数のフィールドを選択します。

2. インスペクタ外観 外観 タブをクリックします。

3. [グラフィック] または [テキスト] 領域で、使用するオプションを選択します。

 

目的

操作

フィールドに塗りつぶし色を追加する

[グラフィック] 領域の [塗りつぶし] で、色、色のグラデーションまたはイメージを指定します。カラーグラデーションでの塗りつぶしまたはイメージでの塗りつぶしを参照してください。

フィールドに枠を追加し、その属性を設定する

[グラフィック] 領域の [] でオプションを選択します。

繰り返しフィールド間に枠を追加する

外観 をクリックします。

フィールドの隅の形状を変更する

グラフィック領域の [角丸の半径] で、丸みを付ける角を選択します。

テキストの基線を追加し、その属性を設定する

[テキスト] 領域の [テキストの基線] を選択してからオプションを選択します。

レイアウトモードでフィールドの境界線を表示するように現在のレイアウトが設定されている場合、適用した枠の効果によっては、効果を確認することができない可能性があります。効果を表示するには、次のいずれかの操作を行います:

レイアウトモードでフィールド境界を非表示にします。[表示] メニュー > [オブジェクト] > [フィールド境界] を選択して、フィールド境界を非表示にします。

ブラウズモードに切り替えます。

メモ 

現在のレコードのみではなく、リスト形式のフィールド内のすべてのレコードの枠と塗りつぶしを表示するオプションを設定できます。現在のレコードのフィールド枠と塗りつぶしの表示を参照してください。

インタラクティブオブジェクトに背景の塗りつぶしを追加する場合は、単色塗りつぶしのみを使用できます。

ポータル行の間の枠を追加または変更するには、ポータルの書式設定を参照してください。

関連項目 

塗りつぶし色、線のスタイル、境界線、影、およびパディングの設定