オブジェクト、レイアウトパート、およびレイアウト背景の編集 > レイアウトの書式設定 > 塗りつぶし色、線のスタイル、境界線、影、およびパディングの設定
 

塗りつぶし色、線のスタイル、境界線、影、およびパディングの設定

オブジェクトまたはレイアウトパートの外観を変更するには、次の操作を行います。

1. レイアウトモードで、1 つまたは複数のオブジェクト、または 1 つのレイアウトパートラベルを選択します。

2. インスペクタ外観 外観 タブをクリックします。

3. 特定の状態 (ボタンを押したときの状態など) にあるオブジェクトまたはボディパートの外観を変更するには、オブジェクトの状態の一覧 ([外観] タブの 2 番目の一覧) から選択します。

オブジェクトの表示状態の指定を参照してください。

4. [グラフィック] 領域で次の操作を行います:

 

目的

選択項目

テキストオブジェクト、フィールド、およびポータルの背景を含むオブジェクト、またはレイアウトパートの塗りつぶし

塗りつぶし

表形式の場合は、ボディパートの塗りつぶしが表の背景にも適用されます。

ポータルに塗りつぶしを表示しないように設定した場合は、ポータル行が透明に設定されます。ポータルの書式設定を参照してください。

オブジェクトまたはレイアウトパート周囲の枠

任意の枠の組み合わせ

影カラーパレットボタン

繰り返しフィールド間の枠

繰り返し間の枠 外観

オブジェクトまたはレイアウトパート周囲の枠のスタイルおよび幅

[線]

オブジェクトまたはレイアウトパート周囲の色

影カラーパレットボタン

オブジェクトまたはレイアウトパートの角の湾曲率

[角丸の半径]

変更するそれぞれの角を選択して、値 (ポイント単位) を指定します。値が大きいほど、角は丸くなります。

ポータル行の間の枠

ポータルの書式設定を参照してください。

塗りつぶし色の透明度

不透明度スライダ

Windows: カラーパレットでスライダをドラッグします。

macOS: カラーパレットで [その他の色...] をクリックしてスライダをドラッグします。

カスタム色

塗りつぶしまたは

スタイル

色をカラーパレットまたは色見本からテーマの色の領域にドラッグし、色をクリックします。(カスタム色の薄さと濃さのバリエーションは、FileMaker Pro Advanced により生成されます)。既存のテーマの色の入れ替え、または色を追加することもできます。

色の RGB 値 (16 進数形式) がテキストボックスに表示されます。3 または 6 文字の値を入力または貼り付けることができます。

特定の色の値を設定するには、塗りつぶしカラーパレットボタン をクリックします。マウスポインタを画面上の色に移動してクリックします。

5. [詳細なグラフィック] 領域で、影を追加またはパディングを変更するには、次の操作を行います:

オブジェクト上の内側の影または外側の影、レイアウトパート上の内側の影の場合は、[効果] オプションを選択します。影の外観を変更するには、オプションの横にある データ をクリックします。

オブジェクトの辺と内容の間のパディングの場合は、[パディング] の値 (ポイント単位) を変更します。

レイアウト背景を単色で塗りつぶすには:

1. 1 つ以上のレイアウトパートの塗りつぶしが透明であることを確認します。

次の「オブジェクト、レイアウトパート、レイアウト背景を透明にするには」を参照してください。

2. オブジェクトまたはレイアウトパートが選択されていないことを確認してから、レイアウト背景の任意の場所をクリックして選択します。

3. 外観 外観 タブの [グラフィック] 領域で、[塗りつぶし] に対して [単色] を選択します。

4. データ をクリックしてカラーパレットから色を選択します。

カスタム色を使用するには、前述の「オブジェクトまたはレイアウトパートの外観を変更するには」を参照してください。

5. 塗りつぶし色の透明度を変更するには、データ を再度クリックして [不透明度] スライダ (Windows) をドラッグ、または [その他の色...] をクリックして [不透明度] スライダ (macOS) をドラッグします。

オブジェクト、レイアウトパート、レイアウト背景を透明にするには、次の操作を行います。

1. 1 つまたは複数のオブジェクト、または 1 つのパートラベルを選択するか、レイアウト背景の任意の場所をクリックして選択します。

レイアウト背景を選択する前に、オブジェクトやレイアウトパートが選択されていないことを確認してください。

2. 次のいずれかの操作を行います:

インスペクタの場合: 外観 外観 タブの [グラフィック] 領域で、[塗りつぶし] と [] に対して [なし] を選択するか、カラーパレットで透明 位置 を選択します。

書式設定バーの場合: [] ついては、カラーパレットで [なし] または透明 位置 を選択します。[塗りつぶし] ついては、カラーパレットで透明 位置 を選択します。(書式設定バーを表示するには、レイアウトバー書式 データ をクリックします。)

メモ 

線、楕円、円、タブコントロール、またはスライドコントロールに個別に枠を設定することはできません。

[詳細なグラフィック] 領域のオプションの中には、オブジェクトタイプによって使用できないものもあります。

レイアウト背景の塗りつぶしはナビゲーションパートの背景には影響しません。

関連項目 

レイアウト上でのオブジェクトの描画と挿入

オブジェクト、レイアウトパート、およびレイアウト背景の編集

フィールドの枠、塗りつぶし、および基線の指定

レイアウトの書式設定属性のコピー