リファレンス > スクリプトステップリファレンス > 対象レコードに関連するスクリプトステップ > レコードのソート
 

レコードのソート

指定された条件に従って検索された対象レコード内のレコードをソートします。

参照 

オプション 

[ダイアログあり] により、このスクリプトステップを実行したときにユーザが異なるソート方法を入力できるダイアログボックスを表示するかどうかが指定されます。

[ソート順の指定] では、ソート順を作成してスクリプトステップとともに保存できます (ソート順を保存すると [記憶する] になります)。[ソート順の指定] オプションが選択されていない場合は、FileMaker Pro Advanced では最後にソートが実行されたときのソート順が使用されます。

[ソートされた順位でレコードを保持] を選択すると、レコードが確定された後に調整された順序にソートされた新規または変更されたレコードが配置されます。このオプションの選択を解除すると、新規または変更されたレコードは検索が実行されるまでまたはレコードが別の条件でソートされるまでソートされた順序の配置に留まります。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

一部 

FileMaker Cloud for AWS 

一部 

FileMaker Data API 

一部 

カスタム Web 公開 

一部 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

[レコードのソート] スクリプトステップを使用する前に、[検索実行] スクリプトステップまたは [全レコードを表示] スクリプトステップを使用してソートの対象となるレコードを抽出しておきます。繰り返しフィールドを指定した場合は、FileMaker Pro Advanced ではそのフィールドの最初の項目のデータのみがソートされます。[レコードのソート] スクリプトステップを使用した後で、[ブラウズモードに切り替え] スクリプトステップ[レコード/検索条件/ページへ移動] スクリプトステップを使用する必要はありません。

各 [レコードのソート] スクリプトステップには固有のソート順を 1 つだけ保存することができます。ソート方法は、スクリプトではなくスクリプトステップに保存されます。同じスクリプト内でこのスクリプトステップを複数回使用して [レコードのソート] スクリプトステップを使用する場所ごとに異なるソート順を保存することができます。

メモ 

スクリプトステップの実行時に有効ではないソート順の項目は無視されます。複数のテーブルで構成されるデータベースでソート順を指定する場合は FileMaker Pro Advanced ではソート順に含まれる各ソートフィールドに対してテーブル名が保存されます。たとえば、連絡先テーブルの「姓」フィールドを使用するソート順は「連絡先::姓」として保存されます。「連絡先」以外のテーブルがアクティブなときに [レコードのソート] スクリプトステップが実行されると「連絡先::姓」を評価できないため、ソート順で無視されます。

サーバーサイドスクリプト、FileMaker Data API、およびカスタム Web 公開では、このスクリプトステップを [ダイアログあり] オプションが [オフ] に設定された場合と同様に実行します。そのため、[ソート順の指定] オプションを使用してこのスクリプトステップのソート順を保存する必要があります。

例 1 

「請求書」レイアウトに切り替えて検索を実行し、レコードをソートして対象レコードの最初のレコードに移動します。

レイアウト切り替え [「請求書」]
検索実行 [記憶する]
レコードのソート [記憶する; ダイアログあり: オフ]
レコード/検索条件/ページへ移動 [最初の]

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)