リファレンス > スクリプトステップリファレンス > 切り替え/移動に関連するスクリプトステップ > レコード/検索条件/ページへ移動
 

レコード/検索条件/ページへ移動

レコードまたはレポートページに移動するか検索条件を表示します。

参照 

オプション 

[最初の] オプションでは、ファイルまたは対象レコードの最初のレコードに移動するか (ブラウズモード)、最初の検索条件を表示するか (検索モード)、またはレポートの最初のページに移動します (プレビューモード)。

[最後の] オプションでは、ファイルまたは対象レコードの最後のレコードに移動するか、最後の検索条件を表示するか、またはレポートの最後のページに移動します。

[前の] オプションでは、ファイルまたは対象レコードの 1 つ前のレコードに移動するか、1 つ前の検索条件を表示するか、またはレポートの 1 つ前のページに移動します。

[次の] オプションでは、ファイルまたは対象レコードの次のレコードに移動するか、次の検索条件を表示するか、またはレポートの次のページに移動します。

[次の] または [前の] が選択されている場合、[最後まできたら終了] を使用すると対象レコード内の最後のレコードまで処理した時点でスクリプトを終了します。[最後まできたら終了] をループ内で使用して、最後のレコードの後でループを終了することができます。

[計算式で指定...] オプションは、計算式を作成して、必要なレコード番号、検索条件番号、またはページ番号を指定します。確認のためにダイアログボックスに数値を表示するには [ダイアログあり] を [オン] に設定します。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

一部 

FileMaker Cloud for AWS 

一部 

FileMaker Data API 

一部 

カスタム Web 公開 

一部 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

ブラウズモードでは、このスクリプトステップはレコードに移動します。検索モードでは、検索条件を表示します。プレビューモードでは、レポートページに移動します。

サーバーサイドスクリプトとカスタム Web 公開では、[計算式で指定...] オプションはサポートされていません。

例 1 

検索を実行してソートし、最初のレコードに移動します。

検索実行 [記憶する]
レコードのソート [記憶する; ダイアログあり: オフ]
レコード/検索条件/ページへ移動 [最初の]

例 2 

ユーザがカスタムダイアログボックスに入力したレコード番号に移動します。

カスタムダイアログを表示 ["表示するレコード番号を入力してください。"; 請求書::レコード番号]
レコード/検索条件/ページへ移動 [ダイアログあり: オフ ; 請求書::レコード番号]
全レコードを表示

例 3 

レコードをループして、オブジェクトフィールド内のファイルをエクスポートします。レコードに空のオブジェクトフィールドがある場合、ループを終了します。

変数を設定 [$パス; 値: Get (ドキュメントパス) & 製品::オブジェクト]
レコード/検索条件/ページへ移動 [最初の]
Loop
Exit Loop If [IsEmpty (製品::オブジェクト)]
フィールド内容のエクスポート [製品::オブジェクト; 「$パス」; フォルダを作成: オフ]
レコード/検索条件/ページへ移動 [次の ; 最後まできたら終了: オン]
End Loop

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)

計算式について