リファレンス > スクリプトステップリファレンス > 対象レコードに関連するスクリプトステップ > 検索実行
 

検索実行

現在の検索条件または保存された検索条件を使用してレコードを検索します。

参照 

オプション 

[検索条件の指定] で、検索条件を作成および管理できます。作成した検索条件はスクリプトステップに保存されます ([記憶する] により、検索条件が保存されることが示されます)。詳細については、[検索条件を指定] ダイアログボックスおよび [検索条件を編集] ダイアログボックスを参照してください。

[新規...] をクリックして [検索条件を編集] ダイアログボックスで検索条件を定義します。

一覧で検索条件を選択して [編集...] をクリックすると選択した検索条件が開きます。

一覧で 1 つまたは複数の検索条件を選択して [複製] をクリックすると選択した検索条件が複製されます。

一覧で 1 つまたは複数の検索条件を選択して [削除] をクリックすると選択した検索条件が削除されます。

[検索条件を編集] ダイアログボックスでは検索条件を作成または編集することができます。

[処理] では、[レコードの検索] または [レコードを対象外に] を選択して、この検索条件でレコードを検索するか、それとも対象外にするかを指定します。レコードを検索する場合は、レコードが対象レコードに追加されます。検索対象外とされたレコードは除外されます。1 つの検索条件で実行できるのは、レコードを検索するか、または対象外にするかのいずれかです。同じ [検索実行] スクリプトステップでレコードの検索およびレコードを対象外にする処理の両方を行う必要がある場合は、複数の検索条件を使用します。

[次の場合にレコードを検索する] (または [次の場合にレコードを対象外に]) には、現在のテーブル内にあるフィールドの一覧が表示されます。検索条件を作成するには、最初にこの一覧からフィールドを選択します。

関連テーブルからフィールドを選択するには、一覧の一番上にある現在のテーブル名をクリックして目的の関連テーブルを選択します。次に、関連テーブルの新しい一覧から関連フィールドを選択します。

[繰り返し] の数を変更して、繰り返しフィールドの特定のセルを指定します。

[条件] 領域には選択したフィールドに対する検索条件を入力します。

[演算子の挿入] をクリックしてさらに詳しく検索条件を指定します。レコードの検索を参照してください。

[追加] をクリックすると指定した条件が検索条件に追加されます。

既存の条件を変更するには、ダイアログボックスの上部から変更するフィールドと条件が含まれる行を選択してフィールドや検索条件を変更します。[変更] をクリックして変更内容を保存します。

既存の条件を削除するには、ダイアログボックスの上部から削除するフィールドと条件が含まれる行を選択して [削除] をクリックします。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

[検索実行] は、スクリプトステップで検索条件を指定するかどうかにかかわらず使用できます:

1 つまたは複数の検索条件を指定すると、このスクリプトステップは検索モードになり、指定した検索条件が実行された後で、ブラウズモードになります。

検索条件を指定しない場合は、次のようになります:

検索モードの場合、このスクリプトステップによって現在の検索条件が実行された後で、ブラウズモードになります。

その他のモードの場合、このスクリプトステップは検索モードになり、前回実行された検索条件が実行された後で、ブラウズモードになります。

[検索モードに切り替え] スクリプトステップの後で [検索実行] を使用すると、スクリプトを一時停止してユーザが検索条件を入力することや、検索を実行する前に [フィールド設定] スクリプトステップを使用して検索条件を指定することができます。

例 1 

「請求書詳細」レイアウトで検索モードに切り替え、ユーザ入力のため一時停止し、検索を実行して元のレイアウトに戻ります。

レイアウト切り替え [「請求書詳細」]
検索モードに切り替え [一時停止: オン]
検索実行 [ ]
レイアウト切り替え [元のレイアウト]

例 2 

検索モードに切り替え、日付フィールドを現在の日付に設定し、検索を実行します。現在の日付で見つかったレコードの数に応じて、「請求書詳細」レイアウト、「請求書」レイアウト、またはカスタムダイアログボックスを表示します。

エラー処理 [オン]
検索モードに切り替え [一時停止: オフ]
フィールド設定 [請求書::日付; Get (日付)]
検索実行 [ ]
If [Get (対象レコード数) = 1]
レイアウト切り替え [「請求書詳細」]
Else If [Get (対象レコード数) > 1]
レイアウト切り替え [「請求書」]
Else
カスタムダイアログを表示 ["レコードが見つかりません。"]
End If

関連項目 

[対象レコードの絞り込み] スクリプトステップ

[対象レコードの拡大] スクリプトステップ

[レコードを対象外に] スクリプトステップ

特定の範囲に一致する情報の検索

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)