リファレンス > スクリプトステップリファレンス > 制御に関連するスクリプトステップ > エラーログ設定
 

エラーログ設定

現在のファイルのスクリプト実行中にエラーをログするかどうかを制御します。

参照 

オプション 

[オン] を指定すると、スクリプトエラーログの記録を開始します。ファイルを閉じるか、または [オフ] オプションを指定してこのスクリプトステップを実行するまでは、現在のファイルのすべてのスクリプトエラーがログに記録されます。

[オフ] を指定すると、スクリプトエラーログの記録を停止します。

[カスタムデバッグ情報] は、スクリプトエラーログの記録時に評価されるです。このオプションを使用すると、問題のデバッグに役立つ追加情報が出力されます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

いいえ 

起点 

FileMaker Pro 18.0 Advanced

説明 

このスクリプトステップの実行後に、現在のファイル内のスクリプトによって最初のスクリプトエラーが発生すると、ユーザのドキュメントフォルダに「ScriptErrors.log」ファイルが作成されます。スクリプトステップからゼロ以外のエラーコードが返されるたびに、このログファイルにエントリが追加されます。ログファイルがすでに存在している場合は、エントリはそのログファイルに追加されます。

「ScriptErrors.log」ファイルの各行には、タブ文字で区切られた情報が次の順序で出力されます:

 

ログエントリの情報

メモ

タイムスタンプ

エラー発生時のクライアントの日付と時刻。

データベースセッション番号

スクリプトが実行されているセッションの ID。

ファイル名

スクリプトが含まれているファイルの名前。

アカウント名

スクリプトを実行したアカウント。

スクリプト名 [スクリプト索引]

索引はスクリプトワークスペースのスクリプトパネルでのスクリプトの位置です (1 から始まります)。

ステップ名 [行番号]

 

エラーコード

FileMaker エラーコードを参照してください。

カスタムデバッグ情報

 

重要  このスクリプトエラーログの形式は、顧客のフィードバックを収集するためのプレビューとして提供されます。今後の製品バージョンで大幅に変更される可能性があり、運用システムでの使用は想定されていません。

メモ 

このスクリプトステップを実行するには、ユーザまたはスクリプトに完全アクセス権が必要です。スクリプトの作成と編集を参照してください。

例 1 

スクリプトエラーログをオンにし、問題のデバッグのために変数とフィールドの現在の値を追加します。

エラーログ設定 [オン ; カスタムデバッグ情報: "索引: " & $Counter & ", 主キー: " & テーブル::主キー]

最初のエラーが発生すると、「ScriptErrors.log」ファイルには次の情報が記録されます:

2024-01-22 09:43:04.552 -0800   @1   Inventory.fmp12   Admin   Process records [42]   データファイルから読み取る [7]   100   索引: 7, 主キー: 20E190F3-67A8-4DCF-94CF-A5EA72971FFC

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)