オブジェクト、レイアウトパート、およびレイアウト背景の編集 > レイアウト上のオブジェクトの配置 > 定規とグリッドの使い方
 

定規とグリッドの使い方

定規とグリッドラインを使用して、オブジェクトを整列、サイズ変更し、またレイアウト上の正確な位置に配置します。

データ

定規とグリッドの操作

 

目的

レイアウトモードでの操作

定規を表示または非表示にする

[表示] メニュー > [定規] を選択します。

レイアウト上でポインタを移動すると、ポインタの位置を追って、グラフィック定規内でガイド線が移動します。

グリッドを表示または非表示にする

インスペクタ位置 最前面コマンドでオブジェクトは重なり順の最前面に移動します タブをクリックします。[グリッド] 領域で、[グリッドを表示] を選択/選択解除します。

グリッドライン (大) はグリッドライン (小) より少し濃く表示されます。グリッドラインは印刷されません。

「スナップ」機能をオン/オフする

インスペクタで位置 最前面コマンドでオブジェクトは重なり順の最前面に移動します タブをクリックします。[グリッド] 領域で、[グリッドに沿わせる] を選択/選択解除します。

移動またはサイズ変更したオブジェクトがグリッドライン (小) にスナップします。新しいオブジェクトが作成されると、最も近い主要グリッドラインに沿って整列されます。グリッドが非表示でも、オブジェクトはグリッドにスナップします。

一時的にグリッドのスナップ機能を解除する

Alt キー (Windows) または command キー (macOS) を押しながら、オブジェクトをドラッグします。

グリッドライン間の距離を変更する

インスペクタで位置 最前面コマンドでオブジェクトは重なり順の最前面に移動します タブをクリックします。[グリッド] 領域で、[グリッド間隔 (大):] および [グリッドステップ (小):] に値を入力します。

単位の変更

定規、グリッド、およびインスペクタが使用する単位を変更するには、次のいずれかの操作を行います:

定規を右クリックしてショートカットメニューから単位を選択します。

希望の単位が表示されるまで、文書の水平定規と垂直定規が交わる左上の角をクリックします。

インスペクタで、希望の単位が表示されるまで、多くのオプションの横に表示される単位をクリックします。

定規の目盛りの幅は、次のとおりです:

 

測定単位

各定規の目盛りの幅

インチ (in)

1/8 インチ

センチメートル (cm)

0.25 センチメートル

ポイント (pt)

10 ポイント

関連項目 

オブジェクトの配置