リファレンス > 関数リファレンス > 取得関数 > Get (ドキュメントパス)
 

Get (ドキュメントパス)

現在のユーザのドキュメントフォルダへのパスを返します。

構文 

Get (ドキュメントパス)

引数 

なし

戻り値のデータタイプ 

テキスト

起点 

FileMaker Pro 8.0

説明 

FileMaker Pro Advanced および FileMaker Go では現在のユーザのドキュメントフォルダのパスを返します。パス形式はオペレーティングシステムによって異なります。

サーバーサイドスクリプトを実行している場合、Get (ドキュメントパス) は「Documents」フォルダの場所を返します。「Documents」フォルダは共有の場所として使用され、異なるセッションからのスクリプトやマシン上の他のプロセスを使用してファイルをインポートまたはエクスポートできます。FileMaker Server ヘルプまたはプロダクトドキュメンテーションセンターの FileMaker Cloud for AWS のマニュアルを参照してください。

メモ 

FileMaker WebDirect、FileMaker Data API、およびカスタム Web 公開ではこの関数はサポートされないため空の文字列を返します。

例 1 

FileMaker Pro Advanced で John Smith というユーザの場合:

Windows では、「/C:/Users/John Smith/Documents」を返します。

macOS では、「/Macintosh HD/Users/johnsmith/Documents/」を返します。

FileMaker Server の場合:

Windows では、「/C:/Program Files/FileMaker/FileMaker Server/Data/Documents/」を返します。

macOS では、「/Macintosh HD/Library/FileMaker Server/Data/Documents」を返します。

FileMaker Cloud for AWS の場合:

/opt/FileMaker/FileMaker Server/Data/Documents/」を返します。

パスの各パートはこれらの例とは異なる場合があるため、この特定のパターンのパスのみが見込まれるわけではありません。

スクリプトの例は、[変数を設定] スクリプトステップを参照してください。

関連項目 

関数リファレンス (種類順)

関数リファレンス (名前順)

計算式について

関数について

計算フィールドの定義

計算式での演算子の使い方

Get (ドキュメントパス一覧) 関数

Get (テンポラリパス) 関数