リファレンス > スクリプトステップリファレンス > レコードに関連するスクリプトステップ > レコードのエクスポート
 

レコードのエクスポート

指定されたファイルにレコードをエクスポートします。

参照 

オプション 

[ダイアログあり] により、このスクリプトステップを実行したときにダイアログボックスを表示するかどうかが指定されます。これらのダイアログボックスで新しいエクスポート条件を設定できます。

[フォルダを作成] では、出力ファイルパスを指定して新規フォルダを作成するかどうかを指定できます。

[出力ファイルの指定] では、エクスポートするファイルとファイルタイプを指定します。エクスポート先のフォルダを選択するか、または一覧にフォルダパスを直接入力します。1 行に 1 つのパスを指定します。FileMaker Pro Advanced により最初に特定されたパスが使用されます。ファイルパスの作成を参照してください。どの形式のファイルとしてエクスポートするのかは、エクスポートしたデータをどのように使用するのかに応じて決定してください。[保存後] で、[ファイルを自動的に開く] または [ファイルを添付した電子メールの作成] オプションを指定することもできます。

FileMaker Pro Advanced で完全パスを指定しないスクリプトを実行する場合、およびスクリプトを含むデータベースファイルが共有されている場合、パスは現在のユーザのドキュメントフォルダであると想定されます。

メモ  [Excel ワークブック (.xlsx)] を選ぶと Microsoft Excel ワークシートとしてレコードをエクスポートできます。Excel ファイルでのレコードの保存および送信を参照してください。

エクスポートのファイルの種類として XML を指定した場合は、[XML と XSL オプションの指定] ダイアログボックスが表示され、XML 文法を指定することや、XML を変換する場合に XSLT スタイルシートを指定することができます。XSLT ソースには、ファイル、HTTP リクエストの結果、またはファイルパスまたは HTTP リクエストを生成する計算式を使用することができます。

メモ  名前が数字のみのフィールド (「2」など) や、名前が半角カタカナ文字 (日本語バージョン) のフィールドは、FMPDSORESULT 文法を使用してエクスポートしないでください。

[エクスポート順の指定] では、このスクリプトステップを追加したときに有効であったエクスポート順が使用されます。ファイルで使用された最後のエクスポート順がデフォルトとして表示され、編集または削除できます。必要に応じて、ドロップダウンリストから出力ファイル文字セットを選択してください。[エクスポートされたデータに現在のレイアウトのデータ書式を適用する] を選択します。それ以外の場合は最後にエクスポートされたデータの書式設定が使用されます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

一部 

FileMaker WebDirect 

一部 

FileMaker Server 

一部 

FileMaker Cloud for AWS 

一部 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

このスクリプトステップを追加する前にエクスポート順を設定できます。またはダイアログボックスを使用してこのステップを実行すると、ユーザは新しい条件を設定できます。[レコードのエクスポート] スクリプトステップでは、現在ブラウズされているすべてのレコードがエクスポートされます。エクスポートするレコードを制限するには、[レコードのエクスポート] スクリプトステップを使用する前に検索条件を使用します。

このスクリプトステップをサーバーサイドスクリプトに含めて [ダイアログあり] を [オフ] に設定しない場合、スクリプトステップに (互換性なし) という文字が表示されます。ただし、スクリプトは実行されます。動作は、[ダイアログあり] が [オフ] に設定されたときと同じです。詳細については、Get (ドキュメントパス一覧) 関数を参照してください。

メモ 

サーバーサイドスクリプトの場合:

FMP12 形式へのエクスポートはサポートされていません。

特定のフォルダにのみアクセスできます。サーバーサイドスクリプト内のパスを参照してください。

FileMaker Go の場合:

FMP12 形式と XML 形式へのエクスポートはサポートされていません。

[フォルダを作成] オプションはサポートされていません。

FileMaker WebDirect の場合:

このスクリプトステップは、モバイルブラウザではサポートされていません。

FMP12 形式、XML 形式、XLS 形式、および XLSX 形式へのエクスポートはサポートされていません。

[フォルダを作成] オプションはサポートされていません。

[出力ファイルの指定] を選択している場合、FileMaker WebDirect は指定されたファイル名とファイルタイプを含めてレコードをエクスポートしますが、指定されたファイルパスは無視されます。

FileMaker WebDirect はレコードを Web ブラウザのデフォルトのダウンロード先にエクスポートします。

フィールドデータまたはレコードデータがエクスポートフォーマットに長すぎる場合、Get (最終エラー) 関数は 736 ではなく 0 を返します。

例 1 

レコードを検索してソートし、メッセージを表示せずに対象レコードを Excel ファイルとしてエクスポートします。

レイアウト切り替え [「請求書」]
検索実行 [記憶する]
レコードのソート [記憶する; ダイアログあり: オフ]
レコードのエクスポート [ダイアログあり: オフ; フォルダを作成: オフ; 「未払いの請求書リスト.xlsx」; Unicode (UTF-16)]

例 2 

同じ名前のファイルが出力フォルダにすでに存在する場合以外は、対象レコードを Excel ファイルとしてエクスポートします。

If [not PatternCount (Get (ドキュメントパス一覧); "未払い請求書リスト.xlsx")]
レコードのエクスポート [ダイアログあり: オフ; フォルダを作成: オフ; 「未払いの請求書リスト.xlsx」; Unicode (UTF-16)]
End If

関連項目 

[レコードのインポート] スクリプトステップ

[レコードを PDF として保存] スクリプトステップ

[レコードを Excel として保存] スクリプトステップ

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)