リファレンス > スクリプトトリガリファレンス > OnFirstWindowOpen
 

OnFirstWindowOpen

ファイルの他のウインドウが開いていない場合、データベースファイルのウインドウを開くたびにスクリプトが実行されます。

スクリプト実行のタイミング

ファイルの最初のウインドウが開いた後

トリガを使用できるモード

FileMaker Pro Advanced がモードに入る前に OnFirstWindowOpen がアクティブになります。

結果

なし

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 12.0

メモ 

FileMaker Pro Advanced、FileMaker Go、および FileMaker WebDirect では、このスクリプトトリガは手動または [ファイルを開く] スクリプトステップによって、ファイルの最初のウインドウが直接作成されたときにアクティブになります。ファイルがリレーションシップまたはスクリプトによって非表示のウインドウで開かれた場合、このスクリプトトリガはウインドウが直接作成されるまでアクティブになりません。ただし、別のファイルでスクリプトを実行する場合、スクリプトによってそのファイルの最初のウインドウが作成された場合でも、このスクリプトトリガはアクティブになりません。このスクリプトトリガを別のファイルでアクティブにするには、そのファイルでスクリプトを実行する前に [ファイルを開く] スクリプトステップを使用してそのファイルを開きます。サーバーサイドスクリプトにおけるこのスクリプトトリガの動作の違いについては、FileMaker Server および FileMaker Cloud for AWS でのスクリプトの実行を参照してください。

関連項目 

スクリプトトリガの設定

レイアウトのスクリプトトリガの設定

オブジェクトのスクリプトトリガの設定

[関連レコードへ移動] スクリプトステップ