リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ファイルに関連するスクリプトステップ > ファイルを開く
 

ファイルを開く

FileMaker Pro Advanced ファイルを開くか、ODBC データソースに接続します。

参照 

オプション 

[非表示の状態で開く] では、指定したデータベースを開くか、または非表示にします。

[FileMaker データソースの追加...] を選択すると、FileMaker Pro Advanced データベースを指定して開くことができます。

[ODBC データソースの追加...] を選択すると、ODBC データソースを指定して開くことができます。

[データソースの管理...] を選択すると、追加した外部データソースを変更するか取り除くことができます。FileMaker データソースの編集および ODBC データソースの編集を参照してください。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

一部 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

ODBC データソースについては、このスクリプトステップで ODBC データソースへのリンクを回復します。

[ファイルを開く] スクリプトステップの後のスクリプトステップは、このスクリプトによって開かれたファイルではなくスクリプトを含む FileMaker ファイルで動作します。

ファイルを指定しない場合、FileMaker Pro Advanced では [ファイルを開く] スクリプトステップが動作するときにユーザがファイルを指定できるように [ファイルを開く] ダイアログボックスが表示されます。スクリプトで使用されているファイルが移動、削除、または名称変更されている場合も、[ファイルを開く] ダイアログボックスが表示されます。

メモ 

インストールされている FileMaker Pro Advanced で新しいデータベースの作成機能が無効にされている場合は、Microsoft Excel やタブ区切りファイルなど、FileMaker 以外のファイルタイプを FileMaker Pro Advanced データベースに変換することはできません。ただし、インポートが許可されているパスワードでデータベースを開けば、他のファイルタイプから FileMaker Pro Advanced にデータをインポートすることはできます。詳細については、システム管理者に確認してください。

Runtime ソリューションでは、外部ファイルがソリューションにバインドされていないと、[ファイルを開く] スクリプトステップはエラーを返します。

このスクリプトステップでは、認証されていないファイルからファイルを開くことはできません。

指定されたファイルが開かれた後に FileMaker Pro Advanced によって非表示になった場合でも、開いたときに動作するように設定されているスクリプトは実行されます。

例 1 

現在のデータベースからレコードをエクスポートし、「請求書バックアップ」データベースを開いて、「請求書バックアップ」データベースから「請求書のインポート」スクリプトを実行します。

レコードのエクスポート [ダイアログあり: オン ; フォルダを作成: オフ]
ファイルを開く [非表示の状態で開く: オフ ; 「請求書バックアップ」]
スクリプト実行 [指定: 一覧から ; 「請求書のインポート」, ファイル: 「請求書バックアップ」 ; 引数: ]

関連項目 

[ファイルを変換] スクリプトステップ

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)

外部データソースを使用した作業