リファレンス > スクリプトステップリファレンス > 対象レコードに関連するスクリプトステップ > 一致するレコードを検索
 

一致するレコードを検索

指定したフィールドのコンテキストに基づいたレコードを検索します。

参照 

オプション 

[ターゲットフィールドの指定] では、検索するフィールドを指定します。

[置換] を選択すると、データベース全体を検索して現在の対象レコードをアクティブなフィールド内容に一致するレコードに置換します。

[絞り込み] を選択すると、対象レコードを検索してアクティブなフィールド内容に基づく一致するレコードを表示します (論理式 AND 検索)。

[拡大] を選択すると、対象レコードが拡大され、指定したフィールドで条件に一致する追加レコードが含まれます (論理式 OR 検索)。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 12.0

説明 

指定したフィールドのコンテキストに基づいたレコードを検索し、表形式のショートカットメニューを使用する場合と同様の動作をするスクリプトを作成できるようにします。

フィールドを指定しない場合、FileMaker Pro Advanced はスクリプトの実行時にアクティブなフィールドの内容に基づいて検索を行います。アクティブフィールドでデータが選択された場合、FileMaker Pro Advanced は選択したデータを検索します。データが選択されていない場合、FileMaker Pro Advanced はアクティブなフィールドの内容全体を検索します。フィールドが指定されずスクリプトの実行時にアクティブなフィールドがない場合は不正なコマンドの警告を表示します。

[一致するレコードを検索] は、ブラウズモードまたはプレビューモードで実行されます。スクリプトの実行時にデータベースが他のモードの場合、FileMaker Pro Advanced はスクリプトを実行する前にブラウズモードに切り替えます。

[一致するレコードを検索] は、他の FileMaker Pro Advanced ファイルにコピー、貼り付け、またはインポートできます。

メモ 

FileMaker WebDirect では、このスクリプトステップを実行する前に手動でフィールドデータを選択した場合でも、スクリプトステップは選択が行われなかった場合と同様に実行されます。FileMaker WebDirect でこのスクリプトステップを実行する前にフィールドデータを選択するには、[選択範囲を設定] スクリプトステップを使用します。

例 1 

現在のレコードとカテゴリが同じすべてのレコードを検索して、表形式に切り替えます。

一致するレコードを検索 [置換; 製品::カテゴリ]
表示方法の切り替え [表形式]

例 2 

新しいウインドウを開いて「請求書」レイアウトに切り替え、対象レコード内で現在のレコードと顧客 ID が同じすべてのレコードを検索して新しい対象レコードをソートし、最初のレコードに移動します。

新規ウインドウ [スタイル: ドキュメント ; 使用するレイアウト: 「請求書」(請求書)]
一致するレコードを検索 [絞り込み ; 請求書::顧客 ID]
レコードのソート [記憶する; ダイアログあり: オフ]
レコード/検索条件/ページへ移動 [最初の]

例 3 

現在のレコードの顧客 ID に一致するレコードで対象レコードを拡大するか、現在のレコードの顧客 ID に一致するレコードで新しい対象レコードを作成します。

カスタムダイアログを表示 ["現在の顧客を対象レコードに追加しますか?"]
If [Get (最終メッセージ選択) = 1]
一致するレコードを検索 [拡大; 請求書::顧客 ID]
Else
一致するレコードを検索 [置換; 請求書::顧客 ID]
End If

関連項目 

[対象外のみを表示] スクリプトステップ

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)