リファレンス > スクリプトステップリファレンス > 対象レコードに関連するスクリプトステップ > 対象外のみを表示
 

対象外のみを表示

現在の対象レコードに含まれていないレコードを検索します。

参照 

オプション 

なし

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

このスクリプトステップは、ブラウズモードまたはプレビューモードで使用します。このスクリプトステップを検索モードまたはレイアウトモードで実行すると、FileMaker Pro Advanced ではレコードの検索後は自動的にブラウズモードに切り替えられます。

例 1 

すべての対象外レコードを表示します。

カスタムダイアログを表示 ["対象外レコードを表示しますか?"]
If [Get (最終メッセージ選択) = 1]
対象外のみを表示
End If

例 2 

[対象外のみを表示] ではなく[一致するレコードを検索] スクリプトステップを使用した方が現在のレコードのみの対象レコードを簡単に作成できることを示します。

#[対象外のみを表示] では、
#新しい対象レコードを作成して現在のレコードを除外し、
#対象外レコードだけを表示するために複数のステップが必要です。
全レコードを表示
レコードを対象外に
対象外のみを表示
#「請求書 ID」フィールドなど、固有の値を含むフィールドを指定すると、
#1 つの [一致するレコードを検索] スクリプトステップで同じタスクを実行できます。
一致するレコードを検索 [置換 ; 請求書::請求書 ID]

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)