リファレンス > スクリプトステップリファレンス > 編集に関連するスクリプトステップ > 選択範囲を設定
 

選択範囲を設定

フィールド内の選択範囲またはカーソルの位置を指定します。

参照 

オプション 

[指定フィールドへ移動] では選択する内容が含まれるフィールドを指定します。指定フィールドが指定されていない場合はアクティブなフィールドが使用されます。

[開始位置] では選択の開始位置を指定します。

[終了位置] では選択の終了位置を指定します。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

一部 

FileMaker WebDirect 

一部 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

フィールド内の位置は、フィールド内の最初の文字である位置 1 からの文字数 (スペースを含む) で指定します。選択範囲には、[開始位置] から [終了位置] までの値すべてが含まれます。たとえば、「フィールド 1」の値が「abcdefgh」で、スクリプトステップのオプションで開始位置「3」と終了位置「6」を指定した場合、「cdef」が選択されます。開始位置が範囲内で、終了位置が範囲外の場合、開始位置からフィールドの末尾までの値すべてが選択されます。(位置が 1 とフィールド内のテキストの長さの間であれば範囲内です。)

範囲外の位置の値を設定するか、開始位置の前に終了位置を設定すると、テキストを選択せずにカーソルを移動させることができます:

 

カーソルの移動先

設定

位置 n の前

開始位置 = n および終了位置 = 0

位置 n の後ろ

開始位置 = 0 および終了位置 = n

フィールドの始め

開始位置 1 および終了位置 = 0

フィールドの末尾

開始位置 > m および終了位置 m (m はフィールド内のテキストの長さ)

または開始位置 0 および終了位置 < 0 に設定

メモ 

オブジェクトフィールドを選択しようとした場合は、何も実行されません。

FileMaker WebDirect 以外のすべてのクライアントでは、選択されたデータが表示範囲外にある場合はスクロールされて表示されます。

FileMaker Go では、デバイスでキーボードが表示されていない場合、このスクリプトステップで選択したテキストは強調表示されません。

例 1 

郵便番号フィールドの最初の 5 桁を選択します。

選択範囲を設定 [顧客::郵便番号; 開始位置: 1; 終了位置: 5]

例 2 

ユーザがカスタムダイアログボックスで指定する段落の数を選択します。

カスタムダイアログを表示 ["いくつの段落を選択しますか?"; 製品::段落数]
If [Get (最終メッセージ選択) = 1]
選択範囲を設定 [製品::説明; 開始位置: 1; 終了位置: Position (製品::説明 ; ¶ ; 1 ; 製品::段落数)]
End If

例 3 

カーソルをフィールドの 3 番目の文字の前に移動させます。

選択範囲を設定 [テーブル::フィールド 1; 開始位置: 3; 終了位置: 0]

例 4 

カーソルをフィールドの 3 番目の文字の後に移動させます。

選択範囲を設定 [テーブル::フィールド 1; 開始位置: 0; 終了位置: 3]

例 5 

カーソルをフィールドの始めに移動させます。

選択範囲を設定 [テーブル::フィールド 1; 開始位置: 0; 終了位置: 0]

例 6 

カーソルをフィールドの末尾に移動させます。

選択範囲を設定 [テーブル::フィールド 1; 開始位置: -1; 終了位置: -1]

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)