データの追加と表示 > レコードへのデータの入力 > 2 桁の西暦の入力方法
 

2 桁の西暦の入力方法

FileMaker Pro Advanced では、「99/12/1」や「09/3/2」などの 2 桁の西暦を入力することができます。ただし、このような日付は世紀が指定されていないためあいまいで、たとえば「53/5/6」と入力した場合、1953 年、2053 年、または他の世紀の 53 番目の年を表す可能性があります。

重要  日付フィールドに 2 桁の西暦を入力すると、下の表で説明されている方法を使用して 4 桁の西暦に変換されます。この方法では、入力した 2 桁の西暦が目的の世紀に変換されない場合があり、その結果、間違った日付が入力されることがあります。

日付フィールドでは不正確な変換が行われる可能性があります。このため、変換方法をよく理解し、正確な日付を維持できるように次の注意事項を遵守してください:

常に 4 桁の西暦で日付を入力します。

入力値の制限オプションを使用して、4 桁の西暦の入力を要求します。この場合、2 桁の西暦を含む日付を入力しようとすると、エラーメッセージが表示されます。入力値の制限の設定を参照してください。

レイアウトでは、4 桁の西暦が表示されるように日付フィールドを設定します。日付、時刻、またはタイムスタンプフィールドの書式の指定を参照してください。

メモ  この方法は、フィールドへのデータ入力だけでなく、2 桁の西暦の日付すべてに適用されます。たとえば、2 桁の西暦の日付を FileMaker Pro Advanced にインポートする場合に日付変換が行われます。

2 桁西暦の日付の変換

FileMaker Pro Advanced では、2 桁の西暦の日付は、日付を入力した年に基づいて 4 桁の西暦の日付に変換されます。この場合、常に 4 桁の西暦の日付が今後 30 年間または過去 70 年間のいずれかの範囲に入ると想定されます。次の表は、3 つの異なる年に入力された 2 桁の西暦の日付がそれぞれどのように 4 桁の西暦の日付に変換されるかを示します。

 

2 桁の西暦の日付

2015 年に入力した場合の変換結果

2019 年に入力した場合の変換結果

2030 年に入力した場合の変換結果

02

2002

2002

2002

19

2019

2019

2019

42

2042

2042

2042

43

2043

2043

2043

44

2044

2044

2044

45

2045

2045

2045

46

1946

2046

2046

47

1947

2047

2047

50

1950

1950

2050

76

1976

1976

1976

87

1987

1987

1987

95

1995

1995

1995

次の図は、この方法の偏りを表しています。この方法では、2 桁の西暦を入力する場合、未来の西暦よりも過去の西暦を入力することの方が多いと想定しています。

「たい」という日本語の漢字

重要  この方法は、旧バージョンの FileMaker Pro Advanced または FileMaker Pro ファイルを現在のバージョンの FileMaker Pro Advanced ファイルに変換する場合には適用されません。旧バージョンで作成したファイルの日付は古いデータであると想定されます。したがって、古いファイルに存在する 2 桁の西暦の日付は、変換後のファイルでは、「19xx」(今世紀ではなく「19xx」) に変換されます。古いファイルに入力されている 2 桁の西暦の日付に問題がある場合、ファイルを現在のバージョンに変換する前に、旧バージョンの FileMaker Pro Advanced または FileMaker Pro でデータを確認して修正してください。FileMaker Pro 11 Advanced および FileMaker Pro 11 以前のファイルの変換を参照してください。

メモ 

日付は、日付フィールドタイプを使用して定義されたフィールドにのみ入力してください。日付の保存にテキストフィールドや数字フィールドを使用しないようにしてください。FileMaker ソフトウェアでは、テキストフィールドや数字フィールドへの日付入力はサポートされていません。