リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ファイルに関連するスクリプトステップ > ファイルを変換
 

ファイルを変換

サポートされている形式のファイルを FileMaker Pro Advanced ファイルに変換します。

参照 

オプション 

[変換後にファイルを開く] により、変換後に FileMaker Pro Advanced のファイルを自動的に開くかどうかを指定することができます。

[ファイルの索引作成を無視] を選択すると、変換した FileMaker ファイル内で索引を作成するかどうかを指定することができます。

[ダイアログあり] により、このスクリプトステップを実行したときに特定のダイアログボックスを表示するかどうかが指定されます。

FileMaker のファイルを変換する場合、古いファイルの名前の変更や、変換されたファイルに名前を付けるために使用されるダイアログボックスは表示されません。

他のファイルタイプに変換する場合、ファイルとそのデータが変換される方法を指定するために使用されるダイアログボックスは表示されません。

この 2 つの場合ではこれらのダイアログボックスのデフォルト設定が代わりに使用されます。

[データソースを指定] を選択すると、変換するファイルまたはデータソースを選択することができます。ファイルを指定しない場合、FileMaker Pro Advanced ではスクリプトステップが動作するときに [ファイルを開く] ダイアログボックスが表示されます。ファイルの変換に関する詳細については、FileMaker ナレッジベースを参照してください。

選択したファイルやソースによっては次の追加のオプションを指定するダイアログボックスが表示される場合があります。

 

選択するファイルまたはソース

操作

ファイル

[ファイル指定] ダイアログボックスで、インポートするファイルを選択します。ファイルパスの作成を参照してください。

[ファイル指定] ダイアログボックスでカスタムのフィールド区切り文字を使用してファイルを指定する場合は、[ファイルタイプ] で [カスタム区切り値...] を選択し、フィールド区切り文字を指定します。

[ファイルを変換] ダイアログボックスでは、サポートされているインポートおよびエクスポートファイルフォーマットに示されている特定のファイル形式でフィールド名として使用する任意のレコードを選択し、インポートするフィールドを選択し、ターゲットテーブル名を指定できます。

XML データ

[XML と XSL オプションの指定] ダイアログボックスで、インポートする XML データソースを選択します。インポートの前に XSL スタイルシートを適用する場合は、スタイルシートを選択します。XML および XSLT ソースには、ファイルまたは HTTP リクエストの結果を使用することができます。XML データのインポートを参照してください。

[ファイルを変換] ダイアログボックスでは、インポートするフィールドを選択し、ターゲットテーブル名を指定できます。

ODBC データ

データソースの名前と場所、ユーザ ID とパスワード (該当する場合)、および実行する SQL クエリーを指定します。ODBC 経由でインポートするための SQL クエリーの構築を参照してください。

[ファイルを変換] ダイアログボックスでは、インポートするフィールドを選択し、ターゲットテーブル名を指定できます。

[SSL 証明書の検証] は、XML データの HTTP リクエストで指定されたサーバーの SSL 証明書を検証します。証明書が検証できない場合、ユーザはそのまま接続するか、キャンセルしてこのスクリプトステップをスキップするかを選択できます。証明書が検証できず、[エラー処理] スクリプトステップが [オン] に設定されている場合、このスクリプトステップはサーバーが使用不可の場合と同様に動作します。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

いいえ 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

[ファイルを変換] ダイアログボックスと [フィールドデータのインポート順] ダイアログボックスに共通するオプションの詳細については、インポート時のインポート方法と割り当てるフィールドの設定を参照してください。

メモ 

このコマンドを使用してフォルダの内容を変更することはできません。フォルダ内の各ファイルを個別に変換する必要があります。

例 1 

「請求書」データベースを現在の FileMaker 形式に変換します。

カスタムダイアログを表示 ["「請求書」データベースを変換しますか?"]
If [Get (最終メッセージ選択) = 1]
ファイルを変換 [ダイアログあり: オン ;「請求書.fp7」]
End If

関連項目 

サポートされているインポートおよびエクスポートファイルフォーマット

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)