データの保存、インポート、およびエクスポート > 新規 FileMaker Pro Advanced ファイルへのデータファイルの変換
 

新規 FileMaker Pro Advanced ファイルへのデータファイルの変換

他のアプリケーションのデータファイルを新しい FileMaker Pro Advanced ファイルに変換できます。FileMaker Pro Advanced でデータをインポートし、新しい FileMaker Pro Advanced ファイルを作成します。このように変換したファイルは次のデータが保存されます:

変換したファイルまたはソースのデータ。

データを表示するための 2 つのレイアウト: 標準フォームレイアウトリスト形式レイアウト

変換するファイルまたはソースにフィールド名が存在する場合は、変換されたフィールド名。フィールド名がない場合は、f1、f2、f3 などの一般的な名前が使用されます。(Microsoft Excel、FileMaker Pro、コンマ区切り値、カスタム区切り値、DBF、Merge、ODBC、および XML 形式から変換されたフィールド名。)

変換したファイルまたはソースでフィールドタイプが利用できる場合は、変換されたフィールドタイプ (テキスト、数字、日付など)。フィールドタイプが利用できない場合は、フィールドはすべてテキストフィールドになります。(FileMaker Pro、Microsoft Excel、ODBC、DBF、および XML 形式から変換されたフィールドタイプ。)

既存のファイルへのデータのインポート方法の詳細については、既存のファイルへのデータのインポートを参照してください。

新しいファイルにデータをインポートするには、次の操作を行います。

1. ソースアプリケーション (FileMaker Pro Advanced へデータをインポートする元のアプリケーション) で、インポートするデータを FileMaker Pro Advanced でサポートされているファイルタイプで保存します。

サポートされているインポートおよびエクスポートファイルフォーマットを参照してください。

2. FileMaker Pro Advanced で、[ファイル] メニュー > [新規作成...] を選択してから、[変換] をダブルクリックします。

または、次のいずれかの方法を使用して、データファイルを開きます:

[ファイル] メニュー > [開く...] を選択して、次の手順に進みます。

データファイルを FileMaker Pro Advanced アプリケーションのアイコン上にドラッグして、手順 4 にスキップします。

3. [ファイルを開く] ダイアログボックスの [ファイルの種類] (Windows) または [表示] (macOS) で、必要に応じてファイルの種類を選択します。変換するファイルを見つけて選択してから [開く] をクリックします。

4. Microsoft Excel のスプレッドシートを変換する場合、[Excel データを指定] ダイアログボックスが表示されたら、ワークブックファイルからワークシートまたは名前の付いた範囲を選択して [OK] をクリックします。

5. [名前を付けて保存] ダイアログボックスで、新しいファイルの名前を入力し、場所を選択してから、[保存] をクリックします。

6. [ファイルを変換] ダイアログボックスで、インポートするソースデータ内のレコードにデータではなくフィールド名 (列タイトル) が含まれている場合は、フィールド名を含むレコードが出現するまで、入力値の自動化オプションアイコン または 前へ矢印 をクリックします。その後で、[フィールド名として使用] を選択します。

以降のレコードのみをインポートに使用できます。これで、ターゲットフィールド名がソースのものと同じになりました。

7. 一覧内の各フィールドペア間の [マッピング] 列で、現在のマッピングをクリックして、ソースファイル内の各フィールドからデータをインポートするかどうかを選択します。

8. [ターゲット] に対して、データをインポートするテーブルの名前を指定します。

9. 必要に応じて、[インポートオプション] 領域で、文字セットとフィールド区切り値オプションを選択します。

インポート時のインポート方法と割り当てるフィールドの設定の手順 9 を参照してください。

10. [変換] をクリックします。

メモ 

変換するデータの容量が大きい場合、インポート処理の進捗状況を示す [インポート] ダイアログボックスが表示されることがあります。インポートを中止するには、[中止] をクリックします。中止しても、FileMaker Pro Advanced では変換データの一部を含むファイルが作成されます。

同一のソースからデータを定期的にインポートする場合は、定期的なインポートを設定することにより自動化できます。定期的なインポートでインポートしたデータは、FileMaker Pro Advanced では読み取り専用です。定期的なインポートの設定を参照してください。