オブジェクト、レイアウトパート、およびレイアウト背景の編集 > レイアウトテーマの保存と管理 > レイアウトテーマの保存
 

レイアウトテーマの保存

レイアウト上のスタイル属性を変更した場合、変更をテーマに変更できます。テーマレベルで保存すると、テーマとそのスタイルのすべてを他のレイアウトに適用または他のファイルにインポートすることができます。

テーマを保存するには:

1. レイアウトモードで新しいスタイルを作成するか、既存のスタイルを編集して変更を保存します。レイアウトのスタイルの編集と作成またはレイアウトの書式設定属性のコピーを参照してください。

2. インスペクタ外観 外観 タブをクリックします。

アスタリスク (*) がテーマ名の後に表示され、矢印が赤色に変わり、テーマの定義が変更されたことを示します。

3. [テーマ] で 外観 をクリックして次のいずれかの操作を行います:

 

目的

選択項目

テーマレベルで行ったスタイル変更を保存する

[テーマの変更を保存] を選択します。このテーマを使用するファイルのすべてのレイアウトに変更が適用されます。(関連フィールドの値のみを含む値一覧の例を参照してください。)

メモ  FileMaker Pro Advanced に定義されているデフォルトテーマが、[テーマの管理] ダイアログボックスで角カッコ ([ ]) の中に表示されます。デフォルトテーマへの変更を保存してもテーマの名前は変わりませんが、角カッコが [テーマの管理] ダイアログボックスから取り除かれ、テーマ属性が元のデフォルト設定とは異なることを示します。FileMaker Pro Advanced テーマはいつでも適用しなおすことができます。レイアウトのテーマの変更を参照してください。

新しいテーマに加えた変更を保存して、元のテーマは変更しない

[新規テーマとして保存...] を選択して新しい名前を入力します。

テーマに他の名前を付ける

[テーマの名前変更...] を選択して新しい名前を入力します。

テーマレベルで最後に保存したスタイルからの変更をすべて取り除く

[テーマの変更を復帰]

メモ 

あらかじめ定義されたテーマまたは特定のファイル修復オプションに対する書式設定の変更を含む FileMaker Pro Advanced ソフトウェアの更新により、カスタムテーマが更新されることがあります。レイアウトのテーマの変更および詳細なファイル修復オプションの設定を参照してください。

関連項目 

書式設定属性の表示に使用される優先順位