リファレンス > スクリプトトリガリファレンス > OnRecordLoad
 

OnRecordLoad

ユーザまたはスクリプトがレイアウトを切り替える、レコードを移動する、新しいウインドウを開く、レコードを作成または削除する、検索操作を実行するなど、レコードが最新の状態に更新または入力された後に、スクリプトが実行されます。

スクリプト実行のタイミング

イベントが処理された後

トリガを使用できるモード

ブラウズモードと検索モード

結果

なし

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 10.0

メモ 

FileMaker Pro Advanced ではどのレコードによってスクリプトがアクティブにされたのかについての情報は受け渡しません。この情報を取得する場合は別のスクリプトトリガを使用する必要があります。

このスクリプトトリガをアクティブにしない処理の一覧については、スクリプトトリガを実行しない処理を参照してください。

関連項目 

スクリプトトリガの設定

レイアウトのスクリプトトリガの設定

オブジェクトのスクリプトトリガの設定