リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ウインドウに関連するスクリプトステップ > 新規ウインドウ
 

新規ウインドウ

一番手前のウインドウに基づいて新規ウインドウを作成します。

参照 

オプション 

次のいずれかのウインドウスタイルを選択できます:

[ドキュメント] を選択すると、ドキュメントウインドウが開きます。

[フローティングドキュメント] を選択すると、フローティングドキュメントウインドウが開きます。

[ダイアログ] を選択すると、ダイアログウインドウが開きます。

[カード] を選択すると、カードが開きます。

次のウインドウ設定を指定できます:

[ウインドウ名:] には、新しいウインドウの名前を入力します。ウインドウ名は固有である必要はありません。

[レイアウト:] には、使用するレイアウトの名前を入力します。

[高さ] は、新規ウインドウの高さ (ポイント単位) です。

[横幅] は、新規ウインドウの横幅 (ポイント単位) です。

[上端から] は、新規ウインドウの画面の上端からの距離 (ポイント単位) です (カードの場合、親ウインドウのレイアウトの上端からの距離)。

[左端から] は、新規ウインドウの画面の左端からの距離 (ポイント単位) です (カードの場合、親ウインドウの左端からの距離)。

次のウインドウオプションを設定できます:

[閉じる] を選択すると、ウインドウのタイトルバーの [閉じる] ボタンが有効になります。

[最小化] を選択すると、ウインドウのタイトルバーの [最小化] ボタンが有効になります。

[最大化] を選択すると、ウインドウのタイトルバーの [最大化] ボタンが有効になります。

[親ウインドウを淡色表示] を選択すると、カードの親ウインドウのレイアウト領域が暗くなります。

[サイズ変更] を選択すると、ユーザがウインドウのサイズを変更できるようになります。

[メニューバー] を選択すると、インストールされているメニューセットを表示する領域がウインドウの上部に表示されます。このオプションは、macOS の場合、またはアクティブなウインドウがカードの場合はサポートされていません。

[ツールバー] を選択すると、FileMaker Pro Advanced のステータスツールバーおよび FileMaker Go のツールバーと編集ツールバーが表示されます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

一部 

FileMaker WebDirect 

一部 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

一部 

カスタム Web 公開 

一部 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

このスクリプトステップは、新しいドキュメントウインドウ、フローティングドキュメントウインドウ、ダイアログウインドウ、またはカードを作成します。オプションの値をすべて入力する必要はありません。値が入力されていない場合は、FileMaker Pro Advanced では [ウインドウ] メニュー > [新規ウインドウ] コマンドに関連付けられているデフォルト値が使用されます。

ウインドウの操作およびウインドウスタイルについてを参照してください。

メモ 

[最大化] ボタンと [最小化] ボタンを無効にすると、これらのボタンはウインドウのタイトルバーに表示されません。

ウインドウのタイトルバーでウインドウコントロールが無効になっても、スクリプトまたはボタンスクリプトステップを使用してウインドウをコントロールできます。

FileMaker WebDirect、FileMaker Data API、およびカスタム Web 公開では、このスクリプトステップは新規仮想ウインドウを開きます。非アクティブな仮想ウインドウは開いていますが、FileMaker WebDirect では表示されません。現在の (アクティブな) 仮想ウインドウを変更するには、[ウインドウを選択] スクリプトステップを使用します。ウインドウスタイル設定はサポートされていません。

FileMaker WebDirect では [カード] ウインドウスタイルオプションはサポートされていません。

FileMaker Go では [フローティングドキュメント] と [ダイアログ] ウインドウスタイルオプションはサポートされていません。また、FileMaker Go ではウインドウの配置およびサイズ変更のオプションはカードの場合のみサポートされており、常にフルスクリーンでドキュメントウインドウが表示されます。

例 1 

新しいカードを「顧客」レイアウトで開いて、レコードを「顧客 ID」フィールドでソートします。

新規ウインドウ [スタイル: カード ; 使用するレイアウト: 「顧客」(顧客)]
レコードをフィールド順でソート [降順 ; 顧客::顧客 ID]

例 2 

新しいフローティングウインドウで「請求書の印刷」レイアウトに切り替えて、プレビューモードにします。

新規ウインドウ [スタイル: フローティングドキュメント; 名前: "請求書の印刷"; 使用するレイアウト: 「請求書の印刷」(請求書) ; 上: Get (ウインドウ上位置) + 25 ; 左: Get (ウインドウ左位置) + 25]
プレビューモードに切り替え [一時停止: オフ]

関連項目 

[レイアウト切り替え] スクリプトステップ

計算フィールドの定義

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)