リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ウインドウに関連するスクリプトステップ > ウインドウを選択
 

ウインドウを選択

ウインドウを名前で指定して一番手前のウインドウにします。

参照 

オプション 

[現在のウインドウ] オプションを選択すると実行中のスクリプトが含まれるファイルのアクティブなウインドウが一番手前に移動します。

[ウインドウ名] では、一番手前に移動するウインドウを選択します。

[現在のファイルのみ] は、現在のファイルに一致するウインドウに制限します (このオプションを選択しない場合は利用可能なすべての FileMaker Pro Advanced ファイルに一致します)。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

FileMaker Pro Advanced のスクリプトステップは常に一番手前のテーブルで実行されるため、特定のウインドウを前面に移動しなければならない場合があります。複数のテーブルが含まれるファイルのスクリプトを操作する場合は、このスクリプトステップを使用してスクリプトステップが目的のテーブルで実行されるようにします。

メモ 

FileMaker WebDirect では、このスクリプトステップを実行すると Web ブラウザで指定した仮想ウインドウが表示されます。前の仮想ウインドウは非表示で開いたままになります。

FileMaker Data API とカスタム Web 公開では、このスクリプトステップを実行すると指定した仮想ウインドウが一番手前になります。前の仮想ウインドウは開いたままになります。

ウインドウ名を選択する場合大文字と小文字は区別されません。このスクリプトを実行すると最初に一致するウインドウが選択されて一番手前に移動されます。

[ウインドウを選択] スクリプトステップでは、関連ファイルが非表示の状態で開かれている場合 (たとえば、ファイルが関連フィールドのソースフィールドであるために開かれている場合など) 関連ファイルのウインドウは開かれません。このような関連ファイルとともに [ウインドウを選択] スクリプトステップを使用するには [ファイルを開く] スクリプトステップを使用して関連ファイルを開きます。

たとえば、「データ入力」というファイルのレイアウトに「会社」というファイルの関連フィールドが含まれているとします。このレイアウトを表示すると、FileMaker Pro Advanced によって「会社」ファイルが非表示の状態で開かれます。非表示の関連ファイルを表示する新しいウインドウを開くには次のようなスクリプトステップを使用します:

ファイルを開く [非表示の状態で開く: オン ; 「会社」]
ウインドウを選択 [名前: 「会社」]

ファイルを元の状態に戻すには、[ウインドウを閉じる []] スクリプトステップを実行して開いているウインドウを閉じます。

スクリプトステップが非表示のファイルから実行される場合、[ウインドウを選択] は非表示の関連ファイルを表示することができます。

例 1 

「請求書の印刷」ウインドウを選択します。「請求書の印刷」ウインドウが開いていない場合は、新しいウインドウを作成して「請求書の印刷」レイアウトに切り替えます。

ウインドウを選択 [名前: "請求書の印刷"]
If [Get (最終エラー) = 112]
新規ウインドウ [スタイル: フローティングドキュメント; 名前: "請求書の印刷" ;
使用するレイアウト: 「請求書の印刷」(請求書)]
End If

関連項目 

計算フィールドの定義

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)