リファレンス > スクリプトステップリファレンス > フィールドに関連するスクリプトステップ > ピクチャを挿入
 

ピクチャを挿入

別のファイルから現在のオブジェクトフィールドにグラフィックをインポートします。

参照 

オプション 

[参照のみを保存] オプションを選択すると、FileMaker Pro Advanced では実際のファイルではなくファイルへのリンクが保存されます。このオプションを使用すると、FileMaker Pro Advanced ファイルのサイズは小さくなりますが、参照先のグラフィックファイルを移動または削除するとそのファイルを表示できなくなります。

[ソースファイルの指定] では、グラフィックを含むファイルを識別します。ファイルパスを imageimagemacimagewin、または imagelinux で始めます。ファイルパスの作成を参照してください。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

一部 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

このスクリプトステップを実行する前にフィールドを指定するか、フィールドをクリックするか、または [フィールドへ移動] スクリプトステップを使用します。

[ソースファイルの指定] オプションでファイルを指定せずに [ピクチャを挿入] スクリプトステップを実行するとダイアログボックスが表示されます。ここでインポートするファイルの選択やプレビューを行うことができます。

メモ 

FileMaker WebDirect では [参照のみを保存] および [ソースファイルの指定] オプションはサポートされていません。

スクリプトを実行しているレイアウト上に、アクティブなオブジェクトフィールドがない場合、[ピクチャを挿入] スクリプトステップはエラーコードを返します。このエラーコードは、Get (最終エラー) 関数を使用して処理することができます。

例 1 

相対パス image:電話/携帯電話.png を使用して、「ピクチャ」フィールドに移動してピクチャを挿入します。

フィールドへ移動 [製品::ピクチャ]
ピクチャを挿入 [「携帯電話.png」]

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)

オブジェクトフィールドのデータの操作