リファレンス > スクリプトステップリファレンス > 切り替え/移動に関連するスクリプトステップ > フィールドへ移動
 

フィールドへ移動

現在のレイアウト上の指定されたフィールドに移動します。

参照 

オプション 

[選択/実行] オプションでは、FileMaker Pro Advanced はフィールドのすべての内容を選択する処理を指定します。たとえば、主要コマンドが [編集] である場合に、[選択/実行] オプションを選択すると、編集可能な状態でドキュメントを開くことができます。

[指定フィールドへ移動] では、移動先のフィールドを指定します。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

メモ 

このスクリプトステップが、最前面のタブパネル上またはスライドパネル上にないフィールドを指定する場合は、指定されたフィールドが選択され、このフィールドを含むパネルがパネルコントロール前面に移動します。ただし、同じフィールドがレイアウト上の他の場所に表示されていてスクリプトがそのフィールドを最初に検出する場合は、同じフィールドを含むパネルは前面に表示されません。FileMaker Pro Advanced では、オブジェクト名をフィールドに割り当て、[オブジェクトへ移動] スクリプトステップを使用してフィールドのそのインスタンスに移動することで、特定のフィールドを強制的に検索することができます。オブジェクトが繰り返しフィールドの場合は移動先の繰り返しを指定することもできます。

レイアウト内の 1 つのフィールドに複数のインスタンスがあり、[フィールドへ移動] スクリプトステップを含むスクリプトが実行されている場合、レイアウト上での作成順に基づいて最初に表示されるフィールドのインスタンスがフォーカスの対象となります。特定のインスタンスを指定するには、代わりに [オブジェクトへ移動] スクリプトステップを使用してください。

スクリプトステップがポップオーバー上のフィールドを指定する場合は、ポップオーバーが開きます。

FileMaker WebDirect の場合:

カーソルは指定されたフィールドに移動します。

対象フィールドが Web ブラウザウインドウに表示されない場合は、「フィールドへ移動」はウインドウをスクロールして対象フィールドを表示しません。

例 1 

「請求書詳細」レイアウトに切り替えてレコードを作成し、集計フィールドに移動します。

レイアウト切り替え [「請求書詳細」]
新規レコード/検索条件
フィールドへ移動 [請求書::集計]

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)