リファレンス > 関数リファレンス > 取得関数 > Get (ホストのタイムスタンプ)
 

Get (ホストのタイムスタンプ)

システムクロックに基づいたホストの現在の日付と時刻 (秒単位まで表示) を返します。

構文 

Get (ホストのタイムスタンプ)

引数 

なし

戻り値のデータタイプ 

タイムスタンプ

起点 

FileMaker Pro 7.0

説明 

この関数の戻り値を表す方法は、計算結果のデータタイプによって決まります。

 

計算結果

関数の戻り値

タイムスタンプまたはテキスト

ファイルの作成時にオペレーティングシステムで設定されていた形式の現在の日付と時刻

メモ  秒数が 0 の場合は戻り値に含まれません (例: 2019/1/1 11:30 AM)。

数字

0001 年 1 月 1 日の真夜中から、これまでに経過した秒数の合計

メモ 

クライアントコンピュータとホストコンピュータのタイムゾーンは異なる場合があるため、Get (ホストのタイムスタンプ) と Get (タイムスタンプ) は異なる日付と時刻の値を返すことがあります。また、現在の日付と時刻はホストシステムの特性ですが、日付と時刻の書式はデータベースファイルの特性です。

FileMaker Cloud for AWS では、この関数は協定世界時刻 (UTC) の日付と時刻を返します。ホストのローカルタイムゾーンの日付と時刻が必要な場合は、この関数によって返される値を UTC とホストのタイムゾーンの差だけ調整する必要があります。例 2 を参照してください。

重要  ネットワークを経由して接続しているユーザの場合、Get (ホストのタイムスタンプ) 関数は、データベースファイルのパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。たとえば、この関数を非保存の計算フィールドで使用していて、そのフィールドがリスト形式で表示されている場合、フィールドが表示されている各箇所で追加のネットワークアクセスが必要になります。そのため、この関数は計算結果が保存される計算フィールドで使用することをお勧めします。たとえば、計算結果が保存される計算フィールドを使用して、新しく作成された各レコードにタイムスタンプを自動的に入力すると、ネットワークアクセスが最小限に抑えられます。

例 1 

ホストコンピュータのシステムクロックに「2019 年 1 月 1 日 11:30:01」と表示されている場合、「2019/01/01 11:30:01」を返します。

例 2 

米国/太平洋タイムゾーンでホストされている FileMaker Cloud for AWS の場合は、Get (ホストのタイムスタンプ) が 2019/1/1 2:19:01 AM UTC を返すときにホストのローカルタイムを 2018/12/31 6:19:01 PM 太平洋標準時刻 (UTC – 8:00) のように返します。

Get (ホストのタイムスタンプ) - 8 * 3600

関連項目 

関数リファレンス (種類順)

関数リファレンス (名前順)

計算式について

関数について

計算フィールドの定義

計算式での演算子の使い方