オブジェクト、レイアウトパート、およびレイアウト背景の編集 > レイアウトの書式設定 > ボタンバーの書式設定
 

ボタンバーの書式設定

1. レイアウトモードで、レイアウトポップアップメニューからレイアウトを選択して次にボタンバーを選択します。

ヒント  ボタンバーを選択するには、すべての側面にハンドルが表示されるまで端の外側をクリックします。

2. インスペクタ外観 外観 タブをクリックします。

3. [ボタンバー]、[ボタンバー: 区切り]、[ボタンバー: セグメント]、または [ボタンバー: アイコン] を、オブジェクトタイプの一覧 ([外観] タブの上部近く) から選択します。

メモ  コンポーネントによっては、一部のオプションは使用できません。

 

目的

操作

ボタンバーの枠の線のスタイルと色を変更する

オブジェクトタイプの一覧から [ボタンバー] を選択し、[グラフィック] 領域で線のスタイルと色を選択します。

ボタンバーの区切りの外観とサイズを変更する

オブジェクトタイプの一覧で [ボタンバー: 区切り] を選択します。[グラフィック] 領域で、線のタイプ、サイズ、色を選択します。

ラベルテキストの書式を変更する (すべてのセグメント対象)

オブジェクトタイプの一覧で [ボタンバー: セグメント] を選択します。次のいずれかの操作を行います:

インスペクタの [テキスト] 領域でオプションを選択します。

書式設定バーでテキストオプションを使用します。書式設定バーが表示されていない場合は、レイアウトバー書式設定 データ をクリックします。

ラベルテキストとアイコンの縦と横の配置を設定する (すべてのセグメント対象)

オブジェクトタイプの一覧で [ボタンバー: セグメント] を選択します。[段落設定] 領域で、縦と横の配置を設定します。

ボタンバーに外側の影を追加する

オブジェクトタイプの一覧から [ボタンバー] を選択します。[詳細なグラフィック] 領域で [外側の影] を選択します。

ボタンバーのセグメントに内側の影を追加する

オブジェクトタイプの一覧で [ボタンバー: セグメント] を選択します。[詳細なグラフィック] 領域で [内側の影] を選択します。

ラベルテキストまたはアイコンとセグメントの端の間にパディングを追加する

オブジェクトタイプの一覧で [ボタンバー: セグメント] を選択します。[詳細なグラフィック] 領域の [パディング] で、[]、[]、[]、[] の値をポイント単位で指定します。

ボタンバーの区切りにパディングを追加する

オブジェクトタイプの一覧で [ボタンバー: 区切り] を選択します。[詳細なグラフィック] 領域で、ボタンバーの高さを [] および [] の値で、ボタンバーの幅を [] および [] の値で指定します。

ボタンバーのセグメントの色を変更する

オブジェクトタイプの一覧で [ボタンバー: セグメント] を選択し、表示状態を選択します。[グラフィック] 領域で、色と線のタイプを選択します。

ラベルアイコンの色を変更する

オブジェクトタイプの一覧で [ボタンバー: アイコン] を選択し、表示状態 (タブの 2 番目の一覧) を選択します。[グラフィック] 領域で色を選択します。

アイコンの塗りつぶし色を変更できます。ただし SVG 形式のカスタムアイコンでは、FileMaker Pro Advanced で塗りつぶしの設定を変更すると、SVG ファイルで塗りつぶしの色が設定されていない要素のみが影響されます。FileMaker Pro SVG Grammar for Button Icons (英語) を参照してください。PNG 形式のカスタムアイコンの塗りつぶし色は変更できません。

アイコンとラベルテキストの間のパディングを調整する

オブジェクトタイプの一覧で [ボタンバー: アイコン] を選択し、パディングに適切な値 (ポイント単位) を指定します。

関連項目 

テキストの書式設定

オブジェクトの表示状態の指定