カスタム App の作成 > フィールドの定義と変更
 

フィールドの定義と変更

新しいカスタム App を作成すると、FileMaker Pro Advanced がブラウズモードで開き、フィールドを定義する [データベースの管理] ダイアログボックスが表示されます。いくつかのデフォルトのフィールドはすでに定義されている場合があります (データベーステーブルの定義を参照してください)。各フィールド名を指定してそのフィールドタイプを選択し、オプションを選択してそのフィールド内でのデータの扱い方、入力方法、計算方法、保存方法、表示方法などを指定できます。

メモ  レイアウトモードフィールドタブを使用してフィールドを定義および変更することもできます。フィールドタブでのフィールドの定義と変更を参照してください。

フィールドを定義または変更するには、次の操作を行います。

1. 新しいカスタム App を作成する場合、[データベースの管理] ダイアログボックスはブラウズモードで開きます。

既存のフィールド定義を変更するには、[ファイル] メニュー > [管理] > [データベース...] を選択します。

2. 表示されていない場合は [フィールド] タブをクリックします。

3. 必要に応じて、[テーブル:] の一覧から適切なテーブルを選択します。

4. フィールドを追加、変更、または削除します。

 

目的

操作

フィールドを追加する

[フィールド名:] に、フィールドの名前を入力します。[タイプ] でフィールドのタイプを選択します。次に、[作成] をクリックします。フィールドの入力値の制限、入力値の自動化、格納オプションを設定するには、[オプション...] をクリックします。フィールドのオプションの設定を参照してください。

フィールド名を変更する

フィールドを選択します。[フィールド名:] に、新しい名前を入力して [変更] をクリックします。フィールド名の指定を参照してください。

フィールドタイプを変更する

フィールドを選択します。[タイプ:] で、新しいフィールドタイプを選択して、[変更] をクリックします。フィールドタイプの選択を参照してください。

フィールドオプションを変更する

フィールド名をダブルクリックするか、フィールドを選択して [オプション...] をクリックします。

フィールドを削除する

フィールドを選択して、[削除] をクリックします。

計算式を変更する

計算フィールドを選択して、[オプション...] をクリックします (またはフィールド名をダブルクリックします)。[計算式の指定] ダイアログボックスで変更を行い、[OK] をクリックします。計算フィールドの定義を参照してください。

集計フィールドを変更する

集計フィールドを選択して、[オプション...] をクリックします (またはフィールド名をダブルクリックします)。[集計フィールド「フィールド名」のオプション] ダイアログボックスで変更を行い、[OK] をクリックします。集計フィールドの定義を参照してください。

メモ 

計算式または集計計算式を変更した場合、[データベースの管理] ダイアログボックスを閉じる際に FileMaker Pro Advanced によって値が再計算されます。

定義したフィールドをレイアウトに自動的に配置するには、フィールドを定義する前に [新規フィールドを現レイアウトに加える] ([環境設定] ダイアログボックス内) を選択します。環境設定: レイアウトを参照してください。

[データベースの管理] ダイアログボックス (およびフィールドの一覧が表示されるすべてのダイアログボックス) でのフィールドの表示順序を変更するには、フィールド定義の横にある上下方向の矢印 フィールドをソートするボタン を上下にドラッグします。フィールドの名前またはタイプで順序を変更するには、[フィールド名] または [タイプ] 列タイトルをクリックします。

関連項目 

フィールドラベルの追加と変更

関連テーブルの操作

式と関数の使い方

フィールド名やテーブル名用に予約されている単語または記号の使い方

テーブル間でのフィールドのコピーまたは移動