リファレンス > スクリプトステップリファレンス > 編集に関連するスクリプトステップ > 切り取り
 

切り取り

現在のレコード内の指定されたフィールドの内容を削除してクリップボードに保存します。

参照 

オプション 

[内容全体を選択] オプションを選択すると、現在のレコード内のフィールドの全内容が削除され、クリップボードに保存されます。[内容全体を選択] オプションを使用しない場合は、フィールドのデータのうち、選択された部分のみが切り取られます。

[指定フィールドへ移動] では、切り取る内容を含むフィールドを指定します。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

一部 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

このスクリプトステップを使用するとフィールドの内容が取り除かれます。フィールドの情報を複製する場合は、[コピー] スクリプトステップを使用します。

メモ 

クリップボードに切り取り、またはコピーした内容はその他のアプリケーションで使用できます。

FileMaker WebDirect では、[切り取り] スクリプトステップはデータをクリップボードに置きません。

FileMaker WebDirect では、このスクリプトステップを実行する前に手動でフィールドデータを選択した場合でも、スクリプトステップは選択が行われなかった場合と同様に実行されます。FileMaker WebDirect でこのスクリプトステップを実行する前にフィールドデータを選択するには、[選択範囲を設定] スクリプトステップを使用します。

例 1 

現在のレコードの電子メールフィールドの内容を切り取ります。

切り取り [顧客::電子メール]

例 2 

電子メールフィールドの内容を切り取るかコピーするようにユーザに求めます。

カスタムダイアログを表示 ["顧客の電子メールアドレスを切り取るかコピーしますか?"]
If [Get (最終メッセージ選択) = 1]
切り取り [顧客::電子メール]
Else If [Get (最終メッセージ選択) = 2]
コピー [顧客::電子メール]
End If

関連項目 

[貼り付け] スクリプトステップ

[消去] スクリプトステップ

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)