リファレンス > 関数リファレンス > 日本語関数 > YearName
 

YearName

日付の和暦を指定された書式で返します。

構文 

YearName (日付 ; 形式)

引数 

日付 - 西暦上の日付

形式 - 表示形式を示す数字 (0、1、または 2)

戻り値のデータタイプ 

テキスト

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

形式の値が空白か、0、1、または 2 以外の値が使用されている場合は、0 が使用されます。

0 - ローマ字を含む日本語テキスト文字列、全角詰め引数 1 (真)、タイプ引数 0 8 (明治 8 年)、「とうきょうと」という日本語のひらがなテキスト 8 (大正 8 年)、全角 (2 バイト) のカタカナで記述された日本語のテキスト文字列 8 (昭和 8 年)、漢数字を含む日本語のテキスト文字列 8 (平成 8 年)、ひらがなで記述された日本語のテキスト文字列 (1868/9/8 より前の日付は西暦 xxxx)

1 - 2014 年 6 月 6 日の月名を示す日本語のテキスト を返します。 8 (明 8)、100,000,000 を示す日本語の文字 8 (大 8)、100 を示す日本語の文字 8 (昭 8)、1,000 を示す日本語の文字 8 (平 8)、日本語の古い漢数字xxxx (1868/9/8 より前の日付は (西) xxxx)

2 - M8、T8、S8、H8 (1868/9/8 より前の日付は A.D.xxxx)

和暦の形式は、0 = 長い形式、1 = 短縮形、2 = 2 バイトのアルファベットになります。上に示す和暦より前の日付の場合は、「西暦」が返されます。

例 1 

YearName (日付フィールド ; 0) は、日付フィールドの値が「2008/7/15」の場合「2008 年 7 月 15 日の年号を示す日本語のテキスト」を返します。

関連項目 

関数リファレンス (種類順)

関数リファレンス (名前順)

計算式について

関数について

計算フィールドの定義

計算式での演算子の使い方