関連テーブルの操作 > リレーションシップグラフの操作
 

リレーションシップグラフの操作

FileMaker Pro Advanced データベースでリレーションシップを作成、変更、表示する場合はリレーションシップグラフを使用します。

リレーションシップグラフ上の各ボックスはテーブルオカレンスを表しますが、これは元になっている 1 つのソーステーブルを表す独立した表示です。1 つのソーステーブルは、それぞれに異なる名前を持つテーブルオカレンスとしていくつでも表示することができ、それぞれを他のテーブルオカレンスと関連させることができます。

一度に 2 つのテーブルオカレンス間にリレーションシップを作成します。多数のテーブルオカレンス間にはリレーションシップのチェーンを作成できます。ただし、同じテーブルオカレンス同士を関連させるリレーションシップのチェーンは解決できないため、FileMaker Pro Advanced ではそのようなリレーションシップのチェーンを作成することはできません。

各リレーションシップはそれぞれ特定の条件を表すので、リレーションシップグラフ内のコンテキストに注意する必要があります。コンテキストとは、リレーションシップを評価する基準となるリレーションシップグラフ内のポイントです。グラフが循環することはないため、グラフの各ポイントでは、データの異なる表示が提供されます。

リレーションシップグラフを表示するには、次の操作を行います。

1. [ファイル] メニュー > [管理] > [データベース...] を選択します。

2. [リレーションシップ] タブをクリックして、リレーションシップグラフでボタンなどの要素を使用してリレーションシップを定義します。

リレーションシップグラフのボタン

デフォルトでは、現在のデータベースファイル内にあるすべてのテーブルがリレーションシップグラフに表示されます。

 

クリックする対象

目的

オブジェクト選択ボタン

リレーションシップグラフにテーブルを追加する

サイズ変更ボタン

リレーションシップを作成する

テーブル表示の切り替え

選択されたテーブル (リレーションシップ) および選択されたノートを複製する

「顧客」テーブル、「請求書」テーブル、「製品」テーブル

リレーションシップグラフ内のすでに設定されているリレーションシップ、テーブルオカレンスまたはテキストノートを編集する

「従業員」テーブルを除き、相互関係を示す 3 つのテーブル

リレーションシップグラフ内の選択したリレーションシップ、テーブルオカレンスまたはテキストノートを削除する

相互の関係を示す 3 つのテーブル

選択したオブジェクトの左辺、中央、右辺を揃える

「品目」テーブルを結合テーブルとして使用して調整されたリレーションシップ

選択したオブジェクトの上辺、中央、下辺を揃える

各テーブルのフィールド一覧

選択したオブジェクトを横方向または縦方向に配置する

丸く囲まれた各テーブルのキーフィールド

選択したオブジェクトのサイズを変更する

不要なフィールドに取り消し線を引いたテーブル

リレーションシップグラフで選択されているテーブルまたはノートの色を変更する

テーブルのキーフィールド間のリレーションシップ

オブジェクト選択カーソル (デフォルトのカーソル) を選択する

テーブル追加ボタン

リレーションシップグラフにテキストノートを追加する (サイズはリレーションシップグラフ上のカーソルをドラッグして設定する)

リレーションシップ追加ボタン

拡大表示カーソルを選択

テーブル複製ボタン

縮小表示カーソルを選択

編集ボタン

リレーションシップグラフの表示倍率を縮小して、すべてのテーブルを表示する

テキストノート追加ボタン

1 テーブル離れた関連テーブルを選択するか、ソーステーブルが同じ関連するテーブルを選択する

100%

リレーションシップグラフの表示倍率を手動で 400 % まで拡大または縮小する

縦揃えボタン

改ページを表示

横揃えボタン

[プリンタの設定] (Windows) または [ページ設定] (macOS) ダイアログボックスを表示する

印刷

リレーションシップグラフを複数のページに印刷、またはグラフのサイズを変更して 1 ページに収める

リレーションシップグラフの他の要素

 

要素

説明

オブジェクト配置ボタン

ポインタをテーブルのヘッダに合わせると、ソーステーブルおよび ソースファイルの名前が表示されます。

拡大表示カーソルボタン

テーブルの表示方法を切り替えます。1 回クリックすると、照合フィールド以外のフィールドがすべて縮小されます。もう一度クリックすると、テーブル名以外がすべて縮小されます。さらにもう一度クリックすると、テーブルは元のサイズに戻ります。

縮小表示カーソルボタン

テキストノートの表示方法を切り替えます。1 回クリックすると、テキストの最初の行が縮小されます。さらにもう一度クリックすると、テキストノートは元のサイズに戻ります。

リレーションシップグラフの表示倍率を縮小ボタン

照合フィールドが複数のレコードの照合 (1 対多のリレーションシップ) に利用できることを表します。

関連テーブル選択ボタン

照合フィールドが単一のレコード (自動入力される値など) の照合 (1 対 1 のリレーションシップ) に使用されることを表します。

改ページ表示ボタン

結合ができないことを示します。たとえば、照合フィールドが欠如している、または索引未設定フィールド (非保存の計算フィールドまたはグローバルフィールド)、またはインジケータに最も近いテーブルが欠如しているか利用できない場合などです。

[プリンタの設定] または [ページ設定] ダイアログボックスを表示ボタン

リレーショナル演算子を表示します。複数条件リレーションシップに対しては ソーステーブルとソースファイル名を表示 を表示します。

関連項目 

関連テーブルの操作

リレーションシップについて

カスタム App の作成