リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ウインドウに関連するスクリプトステップ > 表示方法の切り替え
 

表示方法の切り替え

指定された形式でデータを表示します。

参照 

オプション 

[フォーム形式] オプションを選択すると、各レコードをデータベースの設計時に指定された形式でページごとに表示します。

[リスト形式] オプションを選択すると、レコードごとにリスト表示します。ステータスツールバーの前へボタンおよび次へボタンをクリックすることなくレコードをブラウズすることができます。

[表形式] オプションを選択すると、レコードがグリッドの中に表示され、スプレッドシートのような形式で一度に複数のフィールドやレコードを見ることができます。

[表示切り替え] オプションを選択すると、現在の表示形式が次の表示形式に切り替えられます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

一部 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

メモ 

FileMaker WebDirect では、[表形式] オプションはサポートされていません。

例 1 

レコードをインポート、ソートし、表形式に切り替えます。

レコードのインポート [ダイアログあり: オフ ; テーブル: 製品 ; ソース: "新製品カタログ.xlsx" ; ワークシート: "在庫" ; 追加 ; Mac 英語]
レコードのソート [記憶する ; ダイアログあり: オフ]
表示方法の切り替え [表形式]

例 2 

検索を実行して、対象レコードのレコード数に応じて表示を変更します。

検索モードに切り替え [一時停止: オン]
If [Get (対象レコード数) = 1]
表示方法の切り替え [フォーム形式]
Else If [Get (対象レコード数) > 1]
表示方法の切り替え [リスト形式]
End If

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)