高度なツールの使用 > カスタム関数について > カスタム関数の使用
 

カスタム関数の使用

メモ  この機能は、[環境設定] ダイアログボックスの [一般] タブで [高度なツールを使用する] が選択されている場合に使用できます。高度なツールの使用を参照してください。

カスタム関数を作成するには、次の操作を行います。

1. [ファイル] メニュー > [管理] > [カスタム関数...] を選択します。

2. [カスタム関数の管理] ダイアログボックスで、[新規...] をクリックします。

3. [カスタム関数を編集] ダイアログボックスで、[関数名:] に新しい関数の名前を入力します。

カスタム関数名は固有の名前にしてください。また、100 文字以上の長さにすることはできません。

4. 計算式を作成します。

式と関数の使い方を参照してください。

5. 式に引数が必要な場合は、[関数の引数:] フィールドに引数名を入力して、引数を追加 両方向矢印コントロール をクリックします。引数名を編集または削除するには、一覧で引数名を選択して、引数を編集 追加ボタン または引数を削除 削除ボタン をクリックします。

6. 式ボックス内で表示する項目をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

 

追加する項目

操作

引数への参照

引数の一覧で、引数名をダブルクリックします。

算術演算子または文字列演算子

ボタンで表示されている演算子の中から使用する演算子をクリックします。

比較演算子または論理演算子

[演算子] の一覧から使用する演算子を選択します。

定数

値を入力します。

関数

関数の一覧で関数をダブルクリックします。式ボックスに表示された仮の引数を目的の値または式に変更します。

[カスタム関数を編集] ダイアログボックスでは、一覧やボタンを使用して関数を入力するだけでなく、引数名、演算子、および関数を直接入力することができます。

7. [すべてのアカウント] は [アクセス:] のデフォルトのオプションであり、現在のデータベースのすべてのユーザがカスタム関数を表示および使用できます。完全アクセス権を持つユーザのみがカスタム関数を利用できるようにするには、[完全アクセス権が割り当てられたアカウントのみ] を選択します。

8. [OK] をクリックして、[カスタム関数を編集] ダイアログボックスを閉じます。

9. カスタム関数の作成を続行するか、[OK] をクリックして [カスタム関数の管理] ダイアログボックスを閉じます。

カスタム関数を変更、複製、または削除するには、次の操作を行います。

1. [ファイル] メニュー > [管理] > [カスタム関数...] を選択します。

2. [カスタム関数の管理] ダイアログボックスで、次のように指定します:

 

目的

操作

カスタム関数の編集

[関数名] で、カスタム関数を選択して [編集...] をクリックします。[カスタム関数を編集] ダイアログボックスで必要な変更を行い、[OK] をクリックします。

カスタム関数の複製

[関数名] で、カスタム関数を選択して [複製] をクリックします。

カスタム関数の削除

[関数名] で、カスタム関数を選択して [削除] をクリックします。

3. [カスタム関数の管理] ダイアログボックスで、[OK] をクリックします。

カスタム関数を他の FileMaker Pro Advanced ファイルにコピーするには、次の操作を行います。

1. [ファイル] メニュー > [管理] > [カスタム関数...] を選択します。

2. [カスタム関数の管理] ダイアログボックスで、コピーする 1 つまたは複数の関数を選択します。

ヒント  Ctrl + クリック (Windows) または command - クリック (macOS) を押して、連続していない関数を選択したり、Shift - クリックを押して連続する関数を選択できます。

3. Ctrl+C キー (Windows) または command-C キー (macOS) キーを押して関数をコピーしてから、[OK] をクリックします。

ヒント  macOS: [編集] メニュー > [コピー] を選択して選択した関数をコピーできます。

4. 別の FileMaker Pro Advanced ファイルを開きます。

5. [ファイル] メニュー > [管理] > [カスタム関数...] を選択します。

6. Ctrl+V キー (Windows) または command-V キー (macOS) を押して、関数を貼り付けます。

ヒント  macOS: [編集] メニュー > [ペースト] を選択して選択した関数をペーストできます。

コピーしたカスタム関数は、一覧の下部に表示されます。FileMaker Pro Advanced が、インポート先のファイルのコンテキストで、この関数を無効と判断する場合 (たとえば、依存する関数、フィールド、または計算式がインポート先のファイルに欠けている場合や、関数が無効なフィールドタイプの参照データを含む場合) は、貼り付け (ペースト) した関数は、コメント文字 (/*<関数定義>*/) で囲まれます。カスタム関数の依存関係の規則を参照してください。

7. [OK] をクリックします。

メモ 

カスタム関数の機能を作成するには、現在アクティブなデータベースに対する完全アクセス権が必要です。

完全アクセス権を持つすべてのユーザが利用できるように設定されている場合でも、カスタム関数の内容は保護されます。カスタム関数の内容を編集または表示するには、完全アクセス権が必要です。

完全アクセス権を持たないユーザが完全アクセスアカウントに制限されているカスタム関数を使用する計算式を編集しようとすると、カスタム関数の代わりに「<プライベート関数>」という文字列が表示されます。<プライベート関数> の宣言が式に表示される限り、計算式は変更できません。

これまでにカスタム関数を作成しており、その名前が FileMaker ソストウェア関数と同一である場合、以前のカスタム関数は FileMaker 関数に上書きされます。カスタム関数と同じ名前が FileMaker 関数にないか確認し、必要に応じてカスタム関数の名前を変更してください。

関連項目 

関数リファレンス (種類順)

関数リファレンス (名前順)