リファレンス > スクリプトステップリファレンス > 対象レコードに関連するスクリプトステップ > レコードのソート解除
 

レコードのソート解除

現在の対象レコード内のレコードの並び順をレコードが入力されたときの順序に戻します。

参照 

オプション 

なし

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

このスクリプトステップは請求書番号順に入力された請求書データや、日付順に入力された会員レコードのような元の作成順序を維持する必要がある場合に使用します。

メモ 

[レコードのソート] スクリプトステップを実行する前に、[レコードのソート解除] スクリプトステップを実行する必要はありません。

例 1 

「請求書の印刷」レイアウトに切り替えてレコードをソートして印刷し、元のレイアウトに戻ってレコードのソートを解除します。

レイアウト切り替え [「請求書の印刷」]
レコードのソート [記憶する; ダイアログあり: オフ]
印刷 [ダイアログあり: オフ]
レイアウト切り替え [元のレイアウト]
レコードのソート解除

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)