リファレンス > 関数リファレンス > テキスト関数 > TrimAll
 

TrimAll

指定したスペースを取り除くかまたは追加したテキストを返します。

構文 

TrimAll (テキスト ; 全角詰め ; タイプ)

引数 

テキスト - 任意のテキスト式またはテキストフィールド

全角詰め - 0 (偽) または 1 (真)

タイプ - 使用するスタイルに基づく 0 から 3 の数値

戻り値のデータタイプ 

テキスト

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

TrimAll はテキストまたは全角と半角スペースなどのローマ字以外のスペースを使用する場合に使用します。それ以外の場合は Trim 関数を使用します。

全角スペースを取り除くには、全角詰めを真 (1) に設定します。全角スペースを削除しない場合は、全角詰めを偽 (0) に設定します。

Unicode 値が U+2F00 より小さい文字はローマ字と見なされます。Unicode 値が U+2F00 またはそれより大きい文字はローマ字以外と見なされます。

ローマ字の範囲に含まれる文字は、Latin、Latin-1 Supplement、Latin Extended-A & B、IPA Extensions、Spacing Modifier Letters、Combining Diacritical Marks、Greek、Cyrillic、Armenian、Hebrew、Arabic、Devanagari、Bengali、Gurmukhi、Gujarati、Oriya、Tamil、Telugu、Kannada、Malayalam、Thai、Lao、Tibetan、Georgian、Hangul Jamo の文字ブロック、およびその他の Latin と Greek の拡張ブロックに属する文字です。

ローマ字の範囲に含まれる記号には、句読点文字、上付き文字、下付き文字、通貨記号、商標記号、文字様記号、数字、矢印、算術演算子、幾何学形状、絵フォントなどが含まれます。

ローマ字以外の範囲内にある文字は、CJK 記号 / 句読点、Hiragana、Katakana、Bopomofo、Hangul Compatibility Jamo、Kanbun、CJK Unified Ideographs などがあります。

スペースは、次の表に示すように、タイプの値に応じて取り除くかまたは挿入されます:

 

タイプの値

機能

0

ローマ字以外の文字とローマ字の間のすべてのスペースを取り除きます (ローマ字の間には常にスペースを 1 つ入れます)。

1

ローマ字以外の文字とローマ字の間に常に半角スペースを入れます (ローマ字の間には常にスペースを 1 つ入れます)。

2

ローマ字以外の文字の間のスペースを取り除きます (ローマ字以外の文字とローマ字の間の複数のスペースを減らします。スペースがない場合はスペースを追加しません。ローマ字の間には常にスペースが 1 つ残ります)。

3

すべての場所のすべてのスペースを取り除きます。

どの場合でも、ローマ字以外の文字の間のスペースは取り除かれます。

 

タイプ

ローマ字以外 - ローマ字以外

ローマ字以外 - ローマ字

ローマ字 - ローマ字

0

取り除く

取り除く

1 スペース

1

取り除く

1 スペース*

1 スペース

2

取り除く

1 スペース

1 スペース

3

取り除く

取り除く

取り除く

* = ローマ字以外のテキストとローマ字のテキストの間にスペースがない場合、スペースを挿入します。

メモ 

全角スペースは日本語などのローマ言語以外で使用されます。ローマ言語しか使用しない場合は全角詰めを偽 (0) に設定します。

例 1 

TrimAll (" Julian       Scott Dunn ";0;0) は「Julian Scott Dunn」を返します。

例 2 

TrimAll (100,000,000 を示す日本語の文字) は、「千と万の位の間および千万と億の位の間に区切りのある半角 (1 バイト) のアラビア数字「123456789」を返します。」フィールドの値が「十、百、千、万、および億の位に漢字の区切りを使用した日本語のテキストを返します。」の場合「日本語の漢数字」を返します。

例 3 

TrimAll (明治時代を示す日本語のテキスト (長い形式)) は「大正時代を示す日本語のテキスト (長い形式)」を返します。

関連項目 

関数リファレンス (種類順)

関数リファレンス (名前順)

計算式について

関数について

計算フィールドの定義

計算式での演算子の使い方