カスタム App の作成 > データを外部に保存するオブジェクトフィールドの設定 > オブジェクトデータの転送
 

オブジェクトデータの転送

データを外部に保存するためにオブジェクトフィールドを設定する場合、フィールド内の埋め込みデータは自動的に外部ディレクトリに移動されません。埋め込まれたデータを外部に保存するには、次の手順でデータを転送する必要があります。FileMaker Pro Advanced は [フィールド「フィールド名」のオプション] ダイアログボックスで選択した設定を使用して、指定した基本ディレクトリにデータを移動します。

外部に保存されたデータをオブジェクトフィールドに転送し、セキュア格納とオープン格納の間でデータを変換してデータを基本ディレクトリ間で移動することも、オープン格納計算が変更されるときにファイルを移動することもできます。参照で保存されるファイルおよび一部の埋め込みオブジェクトデータ (テキストオブジェクトやレイアウトオブジェクトなど) は転送できません。

データを転送するには完全アクセス権が必要です。

オブジェクトデータを転送するには、次の操作を行います。

1. [フィールド「フィールド名」のオプション] ダイアログボックスでオブジェクトフィールドの格納オプションを変更した場合、ダイアログボックスを閉じた後に [オブジェクトデータの転送] ダイアログボックスが表示されます。

メモ  [オブジェクトの管理] ダイアログボックスで、[データの転送...] ボタンをクリックします。[オブジェクトデータの転送] ダイアログボックスが表示され、転送に利用可能なすべてのオブジェクトフィールドが表示されます。

2. 保存先に関する情報 (データが埋め込まれるか外部保存されるかどうか、または基本ディレクトリ、格納タイプ、およびファイルパスなど) を表示するには、一覧内のフィールド (チェックボックスではありません) をクリックします。

その情報が一覧の下に表示されます。

3. フィールドはデフォルトではデータ転送に選択されています。フィールドをデータ転送させないようにするには、フィールドの隣のチェックボックスの選択を解除します。

4. [転送] をクリックします。

選択されたすべてのフィールドからデータが各保存先に転送されます。

転送プロセスを停止するには、[オブジェクトデータの転送] ダイアログボックスの [停止] をクリックします。転送を停止しても、転送済みのデータはロールバックされません。上記の手順に従っていつでもプロセスを再開始できます。

5. 転送が完了すると、[転送の概要] ダイアログボックスが表示され、ステータス、転送済みファイル数、およびスキップ済みファイル数が示されます。[OK] をクリックします。

6. 転送のログを表示するには、[ログファイルを開く...] をクリックします。

このファイルの確認に関する情報は、次のセクションを参照してください。

「Transfer.log」ファイルの確認

「Transfer.log」ファイルには、転送に失敗したオブジェクトデータの情報が表示されます。

既存の「Transfer.log」ファイル情報には最近のデータが追加されるため、最新のデータ転送セッションの結果を参照するにはファイルの最後までスクロールする必要があります。

列の左から右に、転送が行われた日付、時刻、時間帯、ファイル名、エラー数、転送イベントの説明が示されます。