オブジェクト、レイアウトパート、およびレイアウト背景の編集 > レイアウトへのポップアップヘルプの追加
 

レイアウトへのポップアップヘルプの追加

1. レイアウトモードで、ポップアップヘルプを追加するオブジェクトを選択します。

2. インスペクタ位置 最前面コマンドでオブジェクトは重なり順の最前面に移動します タブをクリックします。

3. [位置] 領域の [ポップアップヘルプ] で、次の操作を行います:

 

目的

操作

固定のテキストを表示するポップアップヘルプを作成する

表示するテキストを入力します。

計算の結果を表示するポップアップヘルプを作成する

編集ボタン をクリックします。

[計算式の指定] ダイアログボックスで、計算に使用する計算式の内容を定義します。

4. Enter キーまたは Tab キーを押す、またはインスペクタの外側をクリックして変更を適用します。

ヒント  レイアウトモードで、[表示] メニュー > [オブジェクト] > [ポップアップヘルプ] を選択し、オブジェクトをポップアップヘルプに結び付けます。レイアウトモードではポップアップヘルプのあるオブジェクトにバッジ グレーのクイック検索バッジ が表示されます。

メモ 

グループ内のオブジェクトにはポップアップヘルプを追加できますが、グループにポップアップヘルプを追加することはできません。

オブジェクトのポップアップヘルプの計算で空の文字列が返される場合、ポップアップヘルプは表示されません。たとえば、ポップアップヘルプに関連データが表示され、関連性が表示されない場合、このポップアップヘルプは空になります。計算でエラーが発生した場合、ポップアップヘルプには無効な結果、または疑問符付きの部分的に有効な結果が表示されます。

ユーザが使用しているオペレーティングシステムによってポップアップヘルプのフォント、フォントサイズ、および表示時間が決定されます。

関連項目 

レイアウトの作成

フォーム形式、リスト形式、または表形式でのレコードの表示