オブジェクト、レイアウトパート、およびレイアウト背景の編集 > レイアウトモードでのフィールドオブジェクトの書式設定と設定 > フィールドに対するテキスト書式の設定
 

フィールドに対するテキスト書式の設定

レイアウトモードでは、各フィールドオブジェクトにテキストの文字属性を指定することができます。これにより、特定のフィールドオブジェクトのすべての文字 (繰り返しフィールドを参照している場合は、そのすべての繰り返し項目を含む) に、同じ文字属性 (フォント、サイズ、スタイル、文字色、行間、タブ、および段落設定) が適用されます。ただし、属性は、異なるフィールドオブジェクトと共有されません。たとえば、同じフィールドからデータを表示する複数のフィールドオブジェクトを挿入して、各フィールドオブジェクトに異なるテキスト属性を設定することができます。

メモ  ブラウズモードで、フィールドデータのテキスト属性を変更することもできます (強調するために文字を斜体にする、または下線を付ける場合など)。ブラウズモードの書式設定は、レイアウトモードで指定された書式設定を上書きします。(特定のレイアウトに適用される) レイアウトモードのテキスト書式とは異なり、ブラウズモードの書式設定はデータとともに保存され、そのフィールドを表示するすべてのレイアウトで適用されます。テキストの書式設定を参照してください。

フィールドに対するテキスト書式を設定するには、次の操作を行います。

1. レイアウトモードで、1 つまたは複数のフィールドを選択します。これから追加するフィールドのテキスト属性を指定する場合は、すべての選択を解除します。

2. インスペクタ外観 外観 タブをクリックします。

3. 目的のテキストオプションを選択します。

4. Enter キーまたは Tab キーを押す、またはインスペクタの外側をクリックして変更を適用します。

メモ 

書式設定バー (レイアウトバー書式 データ をクリック) を使用するか、または複数のテキスト属性に素早くアクセスするにはショートカットメニューを使用します。ステータスツールバーの使用を参照してください。

各テーマに対して、フィールドのデフォルトのフォント (デフォルトスタイルにより設定) を変更することができます。レイアウトのテーマの変更を参照してください。