オブジェクト、レイアウトパート、およびレイアウト背景の編集 > レイアウトのスタイルの作成と設定
 

レイアウトのスタイルの作成と設定

スタイルとは、フォント、色、線のスタイル、テキストの配置など、レイアウトの外観を決める属性の集合です。FileMaker Pro Advanced の各テーマには、すべてのオブジェクトレイアウトパート、およびレイアウト背景のデフォルトスタイルが含まれています。テーマの中には一部のオブジェクトに対する追加のデフォルトスタイルが含まれているものもあります。たとえば、テーマの中には、スライドコントロール上のドットの表示方法や、ポータルの行の書式設定などを規定するスタイルが含まれているものがあります。テーマには、レイアウト背景のデフォルトスタイルも含まれています。

スタイルを使用することで、外観に一貫性を持たせることができます。また、新しいオブジェクトやパートを作るたびに書式属性を再度割り当てる必要がなくなり、時間を節約できます。オブジェクトやレイアウトパートをレイアウトに追加すると、FileMaker Pro Advanced では、現在のテーマに定義されているデフォルトスタイルがオブジェクトタイプやパートタイプに使用されます。新しいレイアウトを作成すると、FileMaker Pro Advanced では、テーマのデフォルトスタイルがレイアウト背景に使用されます。

デフォルトスタイルを編集するか、新しいスタイルをデザインして保存すれば、現在のレイアウトに使用できます。複数のオブジェクトやレイアウトパートに適用されるスタイルの書式属性を編集し保存すると、現在のレイアウトの中でそのスタイルを使用するすべてのオブジェクトやパートに変更が適用されます。

新しいスタイルを作成してカスタム名を付け、現在のレイアウトにあるオブジェクト、パート、またはレイアウト背景に適用することもできます。カスタムスタイルを他のレイアウトで使用するには、FileMaker Pro Advanced テーマまたは作成した新しいカスタムテーマにスタイルを保存します。

スタイルおよびテーマの作成と設定:

[インスペクタ] のスタイル コピーボタン タブを使用して、定義済みのスタイルを表示および適用できます。

[インスペクタ] の外観 外観 タブを使用して、スタイルとテーマを作成および編集できます。

[テーマの変更] ダイアログボックスを使用すると、ファイル内のレイアウトにデフォルトテーマおよびカスタムテーマを適用できます。

[テーマの管理] ダイアログボックスを使用すると、ファイルで使用されているテーマの参照および他のファイルからテーマをインポートできます。

関連項目 

関連フィールドの値のみを含む値一覧の例