[計算式の指定] ダイアログボックス

このダイアログボックスは、計算式または計算されるフィールドの計算式の内容を定義するために表示されます。

1. 必要に応じて、[次のコンテキストからこの計算式を評価する:] の一覧からテーブルを選択します。

計算式に対してコンテキストを設定する必要があるのは、リレーションシップグラフで 2 つ以上の名前が使用されているソーステーブルに計算フィールドを作成する場合だけです。特に、計算式に関連テーブルのフィールドが含まれる場合は、選択したコンテキストによって計算結果が変わる可能性があります。

計算に使用するコンテキストの詳細については、計算フィールドの評価コンテキストの選択を参照してください。

2. フィールド参照、演算子、定数値、および関数を使用して、計算の計算式を構築します。

計算式パネルで、項目を表示する場所をクリックし、次の操作を行います:

 

追加する項目

操作

フィールド参照

次のいずれかの操作を行います:

フィールドのテーブルの入力を開始します。一覧からテーブルを選択してフィールド名の入力を開始します。次に、表示される一覧からフィールド名を選択します。

フィールドパネルでフィールド名をダブルクリックします。別のテーブルのフィールド名を表示するには、テーブルの一覧からテーブルを選択します。

演算子または指数

次のいずれかの操作を行います:

演算子を入力します。

計算式パネルの右側にある一覧の演算子をクリックします。

比較演算子論理演算子算術演算子および文字列演算子を参照してください。

定数

値を入力します。

関数

次のいずれかの操作を行います:

関数名の入力を開始します。表示される一覧から関数名を選択します。

関数パネルで関数をダブルクリックします。

計算式パネルで、プレースホルダの引数を目的の値または式に変更します。

3. フィールドの計算オプションを指定します。

 

目的

操作

計算結果のフィールドタイプを設定する

[計算結果:] の一覧からデータタイプを選択します。

計算結果で使用するタイプを選択します。フィールドタイプの選択を参照してください。

繰り返しフィールドを指定する

[繰り返し数:] に繰り返し数を入力します。繰り返しフィールドの定義を参照してください。

計算式が参照するすべてのフィールドが空欄の場合は計算しない

[すべての参照フィールドが空の場合は評価しない] を選択します。

このオプションを有効にすると、FileMaker Pro Advanced では計算式で使用されるすべてのフィールドが空白の場合、計算式は評価されません。通常、このオプションを使用するとパフォーマンスが向上します。

重要  日付を使用した場合の混乱を避けるため、FileMaker Pro Advanced の計算式は必ず 4 桁の西暦で入力するように定義してください。2 桁の西暦の入力方法を参照してください。

4. フィールドの索引設定や索引オプションを選択するには、[索引オプション...] をクリックし、[フィールド「フィールド名」の索引オプション] ダイアログボックスでオプションを選択します。

フィールドの索引オプションの定義およびグローバルフィールド (グローバル格納を使用するフィールド) の定義を参照してください。

メモ 

関数パネルを表示または非表示にするには、矢印ボタン をクリックします。

フィールドパネルのフィールド一覧または関数パネルの関数一覧をフィルタするには、検索ボックスにフィールド名または関数名を入力します。

フィールドパネルまたは関数パネルでのフィールドまたは関数の表示方法を変更するには、学校の在籍者データベース内の 5 つのテーブルの関係を表示するリレーションシップグラフ をクリックします。

関数に関する情報を表示するには、関数パネルで関数をクリックします。説明が一覧の下に表示されます。詳細を表示するには、縦方向コントロール をクリックします。

関連項目 

関数について

計算式について

計算式へのコメントの追加

計算フィールドの定義

入力値の自動化の定義

入力値の制限の設定

フィールドの索引オプションの定義