リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ウインドウに関連するスクリプトステップ > ツールバーの表示切り替え
 

ツールバーの表示切り替え

FileMaker Pro Advanced のステータスツールバーおよび FileMaker Go ツールバーと編集ツールバーの表示と非表示を切り替えます。

参照 

オプション 

[ロック] オプションを選択すると、ユーザは FileMaker Pro Advanced ステータスツールバーまたは FileMaker Go ツールバーの表示と非表示を手動で切り替えることができなくなります。

[レコードの編集ツールバーを含める] を選択すると、FileMaker Go 編集ツールバーの表示と非表示を切り替えることができます。

[表示する] オプションを選択すると、FileMaker Pro Advanced ステータスツールバーと FileMaker Go ツールバーが表示されます。

[隠す] オプションを選択すると、FileMaker Pro Advanced ステータスツールバーと FileMaker Go ツールバーが非表示になります。

[切り替え] オプションを選択すると、FileMaker Pro Advanced ステータスツールバー ([ステータスツールバーの表示切り替え] をクリックするのと同じ) および FileMaker Go ツールバーの表示/非表示を切り替えることができます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

メモ 

このスクリプトステップをカードで実行する場合、[ツールバーの表示切り替え] でエラーコードが返されます。このエラーコードは、Get (最終エラー) 関数を使用して処理することができます。

例 1 

検索モードに切り替えてステータスツールバーを表示し、ユーザ入力のため一時停止、検索を実行してステータスツールバーを非表示にします。

検索モードに切り替え [一時停止: オフ]
ツールバーの表示切り替え [表示する]
スクリプト一時停止/続行 [制限時間なし]
検索実行 [ ]
ツールバーの表示切り替え [隠す]

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)