リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ウインドウに関連するスクリプトステップ > メニューバーの表示切り替え
 

メニューバーの表示切り替え

メニューバーの表示/非表示を切り替えます。

参照 

オプション 

[ロック] を選択すると、メニューバーの状態が変更されなくなります (FileMaker Go のみ)。

[表示する] を選択すると、メニューバーが表示されます。

[隠す] を選択すると、メニューバーが非表示になります。

[切り替え] オプションを選択すると、表示状態から非表示状態に、または非表示状態から表示状態に切り替えられます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

一部 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

一部 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

一部 

起点 

FileMaker Pro 13.0

メモ 

このスクリプトステップは、macOS の場合、またはアクティブなウインドウがカードの場合はサポートされていないため、エラーコードが返されます。このエラーコードは、Get (最終エラー) 関数を使用して処理することができます。

例 1 

ゲストアカウントでログインすると、請求書レイアウトに移動してメニューバーとステータスツールバーが非表示になります。

If [Get (アカウント名) = "[ゲスト]"]
レイアウト切り替え [「請求書」]
メニューバーの表示切り替え [ロック: オフ ; 隠す]
ツールバーの表示切り替え [隠す]
End If

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)