オブジェクト、レイアウトパート、およびレイアウト背景の編集 > レイアウトモードでのフィールドオブジェクトの書式設定と設定 > ポップアップメニュー、チェックボックスセット、またはその他のコントロールを表示するためのフィールド設定
 

ポップアップメニュー、チェックボックスセット、またはその他のコントロールを表示するためのフィールド設定

フィールドをドロップダウンリスト、ポップアップメニュー、チェックボックスのセット、ラジオボタンセット、または他のコントロールとして表示することで、データ入力が簡単になるだけでなく、一貫性のあるデータを入力することができます。

メモ  一部のコントロールスタイルには、値一覧から取得された値が表示されます。これらについては下の表に記載されています。コントロールスタイルを設定する前でも後でも、値一覧は定義できます。値一覧の定義を参照してください。

ポップアップメニュー、チェックボックスセット、またはその他のコントロールを表示するようにフィールドを設定するには、次の操作を行います。

1. レイアウトモードで、フィ-ルドを選択します。

2. インスペクタデータ ラジオボタンが表示されたフィールド タブをクリックします。

3. [フィールド] 領域で目的の [コントロールスタイル] を選択します。

 

選択項目

表示対象

編集ボックス

フィールドデータ。これはデフォルトのコントロールスタイルです。

フィールドにスクロールバーを追加するには、[垂直スクロールバーを表示] を選択します。

ドロップダウンリスト

リスト形式の値一覧の項目。この場合、矢印キーやマウスを使用するか、または値を直接入力して値を選択します。コンボボックスとしてフィールドをフォーマットする場合は、[一覧の表示切り替え用矢印を表示] を選択します。

ポップアップメニュー

ポップアップメニュー形式の値一覧の項目。この場合、矢印キーやマウスを使用して値を選択します。

チェックボックスセット

チェックボックス形式の値一覧の項目。複数の値を選択することができます。チェックボックスに表示する記号を選択します (チェックマークまたは x)。

ラジオボタンセット

ラジオボタン形式の値一覧の項目。値を 1 つだけ選択することができます。

ドロップダウンカレンダー

現在の日付。ドロップダウンカレンダーから別の日付を選択することも、日付を入力することもできます。

マスク付き編集ボックス

機密情報を隠すためのデータの代わりのドット。マスク付き編集ボックス内のデータは暗号化されず、非表示になるだけです。

4. 値一覧からのデータを表示するコントロールスタイルの場合は、[値一覧:] を選択して手順 5 に進みます。その他のすべてのコントロールスタイルの場合、レイアウトを保存します。

5. 必要に応じて、値一覧のオプションを選択します。

ユーザによる現在のレコードの値一覧への値の追加を許可するには、[他の値の入力を許可] を選択します。[その他] オプションが値一覧に表示されます。[ドロップダウンリスト] を選択した場合は、このオプションは利用できません。

ユーザによる、レコード全体での値一覧の値を追加または変更するには、[値一覧の編集を許可] を選択します。[編集] オプションが値一覧に表示されます。このオプションは、次の場合に使用できません:

コントロールスタイルが、[チェックボックスセット] または [ラジオボタンセット] を選択したチェックボックスセットまたはラジオボタンセットである場合。

手順 4 で選択した値一覧でフィールドの値を使用する場合。

6. レイアウトを保存します。

メモ 

フィールドをレイアウトへドラッグする前にフィールドタブでフィールドのコントロールスタイルを定義するには、フィールドタブでのフィールドの定義と変更を参照してください。

次の表は、[値一覧の編集] ダイアログボックスで [2 番目のフィールドの値のみを表示] オプションを選択したときに、値一覧のデータを表示するコントロールスタイルがどのように動作するかを示したものです。すべてのコントロールスタイルで選択をした場合、最初のフィールドからの対応する値がデータベースに保存されます。

 

コントロールスタイル

動作

ラジオボタンセット
チェックボックスセット

2 番目のフィールドの値のみが表示されます。

ドロップダウンリスト
ポップアップメニュー

リストを閉じると、最初のフィールドの値が表示されます。フィールドをクリックすると、リストに 2 番目のフィールドの値が表示されます。

メモ  閉じられたポップアップメニューで、値一覧の値を表示してデータの書式設定を無視するには、[値一覧でデータ書式を上書き] を選択します。これは、2 つのフィールドのタイプが異なる場合などに便利です。

フィールドの値から作成される値一覧を使用するようにフィールドの書式が設定されている場合、値一覧の項目は、数字、英単語、ひらがな、カタカナ、漢字の順番に表示されます (数字は数値順、ひらがなとカタカナは名前順、英単語はアルファベット順、漢字はコード順に表示されます)。

フィールドをチェックボックスで書式設定すると、フィールドに複数の値を入力できるようになります。フィールドがチェックボックスとして書式設定されていないその他のレイアウトでは (表レイアウトのレポートなど)、フィールドに複数の値を入力すると、最初の値のみが表示されます。すべての値を表示するには、フィールドを大きくするか、フィールドでクリックしてください。

マスク付き編集ボックスで入力または変更したテキストは、ローマ文字として入力されます。ただし、テキストをすでに含んでいるフィールドにマスク付き編集ボックスのコントロールスタイルを適用した場合、テキスト属性 (斜体や色など) や段落書式 (タブや改行など) は維持されます。テキストを変更するとテキスト属性は失われますが、段落書式は維持されます。また、マスク付き編集ボックスのデータが別のフィールドで使用され、そのフィールドにテキスト属性が適用されている場合、その別のフィールドには属性付きでデータが表示されます。

ユーザが必要なアクセス権を持っている場合、スクリプト計算でマスク付き編集ボックス内のデータにアクセスできます。

ユーザが値の入力を始め、システムにより入力を終了させるのを許可するには、[値一覧を利用したオートコンプリート] を選択します。データ入力中にオートコンプリートを行なうためのフィールド設定を参照してください。

値一覧を表示するように書式設定するフィールドがポータル内にあり、関連レコードの値のみを含めるように値一覧が定義されている場合、値一覧に関連レコードの値を適切に表示するには、自己連結リレーションシップを作成する必要があります。関連フィールドの値のみを含む値一覧の例を参照してください。

値一覧フィールドのデフォルト値を設定するには、値一覧とコントロールスタイルを設定して、[ファイル] メニュー > [管理] > [データベース...] を選択してから [フィールド] をクリックします。値一覧フィールドを選択して [オプション...] をクリックし、[入力値の自動化] タブをクリックして [データ] を選択します。デフォルト値を入力し、[OK] をクリックして [データベースの管理] ダイアログボックスを閉じます。ユーザがデータベースに新しいレコードを追加すると、この値が値一覧フィールドに表示されます。ユーザは値一覧から異なる値を選択できます。入力値の自動化の定義を参照してください。

フィールドで値一覧を使用しないように書式設定するには、フィールドを選択し、[インスペクタ] の [フィールド] 領域で、[コントロールスタイル] を [編集ボックス] または [ドロップダウンカレンダー] にします。

ポップアップメニューは、ドロップダウンリストまたはカレンダーとは異なる形で OnRecordLoad スクリプトトリガOnObjectEnter スクリプトトリガをアクティブにします。

ポップアップメニューを表示するには、まずフィールドをクリックします。これらのトリガは、ポップアップメニュー内で値が選択されるとアクティブになります。ただし、Tab キーを押す、またはスクリプトを使用してフィールドに入力すると、これらのトリガが最初にアクティブになります。その後、フィールドをクリックして値を選択することができます。ユーザが値を変更する前にスクリプトがフィールドの値にアクセスする必要がある場合は、スクリプトに対しフィールドの値を引数として渡します。スクリプト内で、Get (スクリプト引数) 関数を使用してユーザがフィールドをクリックする前にフィールドの値を取得します。オブジェクトのスクリプトトリガの設定を参照してください。

ドロップダウンリストおよびカレンダーでは、いずれかの方法 (フィールドをクリック、Tab キーを押す、またはスクリプトを実行する) でフィールドに入力があるとこれらのトリガが最初にアクティブになります。スクリプトが実行された後、値を入力または選択することができます。

関連項目 

フィールドへの垂直スクロールバーの追加